ここから本文です

AIやIoTで課題解決策探る 広島県が実証実験の場を立ち上げ

5/18(金) 12:03配信

RCC中国放送

広島県が、人工知能=AIやモノをインターネットでつなぐ「IoT」の技術を使って、産業や地域の課題解決策を探る実証実験の場を立ち上げることになりました。

「おもしろそうなことをやろう、新しいことをやろう。ただ成功するということが目的ではない。失敗してもいい」
(広島県・湯崎英彦知事)

新しいプロジェクトは、農業、観光といった産業分野などでの課題解決策を生み出すため、県内外の企業や人材が試行錯誤しながら何度も実証実験ができる場を設けるものです。

AIやIoTの技術を生かして農作業を効率化したり、待ち時間のない観光を実現したりするアイデアなどに期待しています。

秋にかけ課題解決策の案を公募・審査し、10件ほどに今後3年間であわせて10億円規模の資金を援助していく予定です。

プロジェクトには、通信会社や、東京・渋谷区がパートナーとして加わることになっていて、県は、都市と地方が連係する効果にも期待を寄せています。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:5/18(金) 12:03
RCC中国放送