ここから本文です

「夢かなえて社会に恩返しを」目を潤ませる母 無料塾が開講、沖縄で進学目指す

5/18(金) 13:05配信

沖縄タイムス

 大学などへの進学を目指す経済的に厳しい世帯の高校生を対象に、沖縄県が学習塾の授業料を全額支給する「子育て総合支援モデル事業」の開講式が17日、那覇市の那覇尚学院であった。生徒と保護者約150人が参加し、講座の内容やデジタル補助教材の使い方などの説明を受けた。沖縄市の沖縄尚学院でも同時開催した。講座は18日に始まる。

 対象は児童扶養手当受給世帯や住民税非課税世帯、生活保護世帯、児童養護施設や里親家庭などで暮らす高校生。尚学院は事業受託して5年目になる。沖縄本島中南部8教室では高校2、3年生計300人を受け入れる。全教室で定員に空きがあり、随時応募を受け付けている。

 西原町内の高校に通う3年の女子生徒(17)は「小学生の頃から看護師になりたかった。看護師として働く母が輝いて見えるから」と笑顔。母親(40)は「塾は経済的に難しかったけど、2年生から通って成績が上がった」と喜び「夢をかなえて支えてくれた社会に恩返ししてほしい」と目を潤ませた。

最終更新:5/18(金) 13:05
沖縄タイムス