ここから本文です

クレジット市場に「重大」な資本シフト-もはや米国第一にあらず

5/18(金) 11:23配信

Bloomberg

クレジット市場はもはや「米国第一」ではない。HSBCホールディングスは、海外勢による米社債売りの波が世界の債券市場を混乱に陥れる恐れがあるとみる。

米短期金利の上昇でヘッジコストが上昇する中、米社債の最大保有者である海外投資家、特に欧州勢がエクスポージャーを減らしつつある。世界最大の社債市場に対するこの圧力が、世界中のクレジット強気派を困難な状況にさらしかねない。

ジェイミー・スタッタード氏らHSBCのストラテジストは今週のリポートで、「ドルとユーロ建て市場の外国人投資家に関するわれわれの分析は、世界の資本フローに重大な変化が起きていることを示唆している」と説明。欧州の発行体はレパトリエーション(自国への資金回帰)のフローで恩恵を受けるものの、ドル建て債が「無秩序」に縮小すれは先進諸国のどのクレジット市場も「負の連鎖」から逃れることはできないだろうと指摘した。

ここ数年は相対的な利回りの高さと米国経済の回復が資本流入をもたらした。ただ、足元の米短期金利は金融危機以来の高水準に達し、海外勢が保有資産をヘッジするためのコストが上昇。米国の投資適格級債の利回りが7年ぶり高水準にあるにもかかわらず、市場の魅力は薄れている。

HSBCは米国債のデータを基に、過去3カ月のうち欧州勢が2カ月連続で米国から資金を引き揚げ、アジア勢の買いも減速している点に言及。同行はユーロ圏の投資家が現在、ドル建て債のヘッジに約280ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を支払っていると試算する。

この痛みは広範囲に及ぶ。海外の買い手は米国市場の28%と大きな割合を占める。昨年だけで4690億ドル(約52兆円)相当を購入。海外の民間機関による米国のクレジット保有額は総額2兆7000億ドルに上る。

原題:‘Major’ Capital Shift Puts U.S. Credit in $2.7 Trillion Quandary(抜粋)

Sid Verma

最終更新:5/18(金) 11:23
Bloomberg