ここから本文です

エボラ熱、都市部に拡大 「流行が新たな段階に」 コンゴ

5/18(金) 10:27配信

CNN.co.jp

(CNN) アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)で流行宣言が出されたエボラ出血熱に関連して、世界保健機関(WHO)は17日、都市部で新たな感染者が確認されたことを明らかにした。

同国衛生省は、都市部に感染が拡大したことを受けて16日、流行が新たな段階に入ったとの認識を示した。

WHOによると、エボラ熱の新たな症例は、同国北西部、赤道州の州都ムバンダカ(人口約120万人)で確認された。地方から都市部へと感染が拡大したことで、感染拡大のペースが速まり、対応が難しくなる恐れもある。

衛生省の17日の発表によると、今回の流行ではこれまでに45人の症例が報告され、うち25人が死亡した。14人については検査で感染が確認された。

これまでの感染や死亡の報告は、ムバンダカから150キロほど離れたビコロ地区に限られており、当局が患者と接触した疑いのある全員にワクチンを接種する対策を試みることができていた。しかし人口密集地で患者が確認されたことで、そうした対策は難しくなる。

WHOは調査のために専門家約30人を同市に派遣するとともに、同国衛生省や医療支援団体の国境なき医師団と協力して、治療や啓発などの対応に当たる。

ムバンダカとビコロでは、感染者と接触した可能性のある514人が、当局による経過観察の対象となっている。病院には隔離区画が設置され、エボラ治療施設も増設されている。

ムバンダカで感染の疑いのある患者2人が隔離されたのは14日。流行発生地域が隣国コンゴや中央アフリカ共和国に近いことも懸念されている。

最終更新:5/18(金) 10:27
CNN.co.jp