ここから本文です

ベルギー警察、移民の車追跡 2歳女児は顔撃たれ死亡

5/18(金) 11:32配信

BBC News

ベルギー南部ナミュール郊外で17日未明、30人のクルド系移民を乗せたバンが警察とカーチェイスを約1時間にわたり繰り広げ、車に乗っていた2歳の女の子が死亡した。地元当局の調べで、女の子は顔を撃たれて死亡したと明らかになった。

フレデリク・バリソー検察官はAFP通信に、「司法解剖の結果、死因は頬から入った銃弾だと特定された」と明らかにした。

カーチェイスは午前2時(日本時間同9時)ごろ、欧州自動車道E42号で始まった。バンは西に向かって数キロ逃走したものの、1時間後にモン付近で別の車に衝突して停止した。

このカーチェイスには、警察車両15台と警官30人が出動した。女の子は車が止まった後、重傷を負った状態で発見されたという。

警察は、女の子が顔を撃たれて死亡したことについて、警官の発砲によるものか分からないと話している。警察は事実関係の捜査に着手し、バンの車内に銃器があったか調べている。

現地メディアは、女の子は母親と一緒にバンに乗っていたが、カーチェイス中に警察を遠ざけようとしてか、窓の外に突き出されていたと報じた。しかし地元の検察当局はBBCに対し、この事実は確認できないと話している。

警察は車が止まった後、乗っていた移民に車から降りて、近づくよう呼びかけた。その際に移民が抵抗したため銃を発砲したが、女の子に弾は当たっていないと警察は強調している。

バンには子供を含め、少なくとも30人が乗っていたという。フランス警察は密入国業者が事件に関わっていると話しているが、ベルギーの地元当局はこれを確認していない。

警察のパトロール部隊は最初、バンがおかしな動きをしているため停車させようとした。報道によると、その後の検査で不正なナンバープレートを付けていたことが明らかになったという。

事件の後、フランスとベルギーの国境に近い仏北部ダンケルク近くで、移民約60人が高速道路をふさいで抗議した。

フランス警察によると、仏北部グランド=シントの移民キャンプにいる移民が、死亡した女の子を知っていた。女の子は家族と共に、同キャンプの体育館に滞在していたという。

抗議行動に対して20人が拘束されたほか、移民はグランド=シントに送還された。

グランド=シントのキャンプと体育館ではフランスの保安機動隊(CRS)による捜査が行われ、一部のキャンプが壊されるなどした。

https://twitter.com/ElisaPerrigueur/status/997089740364148741

ベルギー当局は、死亡した女の子の死因を解明するために司法解剖を実施する方針。運転手が逃げ出したかどうかは不明だが、乗っていた移民の数人を事情聴取するという。

<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

(英語記事 Girl aged two dies after migrant van chase)

(c) BBC News

最終更新:5/19(土) 11:26
BBC News