ここから本文です

現在、Yahoo! JAPAN IDでログインしにくい状態が発生しております。
ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。

メガンさんの父親、結婚式欠席が確定 英ロイヤルウェディング

5/18(金) 12:44配信

BBC News

19日に英ハリー王子と結婚するメガン・マークルさんは17日、父親のトーマス・マークル氏が結婚式に出席しないと正式に発表した。マークル氏は当日、メガンさんと礼拝堂の祭壇に向かって歩く予定だったが、チャールズ皇太子が代役を務めることになった。

この日には、結婚式に向けた様々なリハーサルが行われた。

王室が発表した声明でメガンさんは、「悲しいことに、私の父は結婚式に出席しないことになりました。私はいつも父のことを心配しており、父が自分の健康に集中できるよう、そっとしておいてくださるよう願っています」と述べた。

その上で、「優しいご支援のメッセージをくれた皆さんに感謝します。土曜日に私たちの特別な日を皆さんと共有できることを、ハリーと私はとても楽しみにしています」と締めくくった。

https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/997060884034924544

<おすすめ記事>


・非英国人のためのロイヤル・ウェディング・ガイド
・バッシング乗り越え……婚約発表のハリー英王子とマークルさん、BBC単独取材
・グレース・ケリーさんからキャサリン妃まで 王室のウェディングドレスを振り返る

マークル氏はハリー王子や王室関係者と会うために、数日前から英国に滞在する予定だった。

しかし先ごろ、マークル氏がパパラッチのカメラマンと一緒にうその写真をでっちあげたとの報道が流れた。

疑惑の写真では、マークル氏がメガンさんの結婚式に参加するためにスーツを仕立てる様子などが写されていた。写真ではマークル氏はカメラに気付いていない様子だった。

マークル氏は14日にゴシップウェブサイトTMZの取材に応じ、英ウィンザーで行われる結婚式には出席しないと決めたと話した。

その後、マークル氏は本当は出席を希望しているものの、健康上の理由で難しいと報じられた。手術の予定があるとの報道もある。

メガンさんの異母姉妹のサマンサさんは、マークルさんが「信じられないほどのストレス」に直面していると語った。

マークル氏の欠席により、メガンさんが誰と祭壇まで歩くのかが大きな疑問となっていたが、チャールズ皇太子がその役目を果たすことになった。

メガンさんには当日、10人のブライズメイド(付添い人)や聖書を運ぶページボーイが付くが、いずれも8歳以下の子供が選ばれた。

また、ブライズメイドの筆頭となるメイド・オブ・オナーは、親しい友人から1人だけを選びたくないとの理由で選んでいない。

結婚式を目前に控え、17日にはハリー王子とメガンさんはウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂でリハーサルを行った。

午後には警察の先導で、パレードの道を車で走る姿も見られた。また、軍隊によるパレードのリハーサルも行われた。当日は250人の兵士が参列する予定だ。

ウィンザーではこのほか、ハリー王子の兄のケンブリッジ公ウィリアム王子夫妻がリハーサルに参加する様子も目撃された。

キャサリン妃が公の場に姿を現したのは、3週間前に聖メアリー病院第3子のルイ王子をお披露目したとき以来となる。

またこの日には、メガンさんの母親ラグランドさんが、ケンブリッジ公ウィリアム王子夫妻に初めて対面した。

ラグランドさんは18日に、ハリー王子とメガンさんと共にウィンザー城を訪れ、エリザベス女王に会う予定。

ウィンザーでのリハーサルによって、お祝いのために駆けつけた大人や子供、さらにはペットまでもが本番に向けて興奮を募らせていた。多くはユニオンジャックの赤・白・青に身を包み、馬車や騎兵隊に旗を振った。

リハーサル中は晴れ間が広がり、土曜日まで続くもようだ。BBCの天気予報では19日当日は晴れるものの風が強く、最高気温は21度とされている。

<解説>パーティーが街にやってくる――ハンナ・ユースフ、BBCニュース(ウィンザー)

早朝のウィンザーは嵐の前の静けさに包まれていた。道路には警官と警察犬、そして記者しかいなかった。

しかし午前8時までには、ユニオンジャックの帽子を被った群集がパレードが通る道の柵の前に集まり始め、リハーサルが始まるのを待ち構えた。

現場では警察の存在感が際立った。警官が全ての道路に10メートル間隔で並んでいたが、結婚式当日には5メートル間隔になるという。

集まった子供たちやその親、ペットまでもがすでにパーティームードだ。皆が赤と白、青に身を包み、ユニオンジャック旗を振っていた。馬車が近づくと、群集はスマートフォンを取り出して、一連の様子をカメラに収めた。

その後、人々はウィンザーの街の中心部に移動した。中心部は王室ファンや観光客、そして王室メンバーのコスプレをした人々でごった返していた。

チャールズ皇太子に扮した人が、ハリー王子の好物だというピザを配っていた。パブでは、英国独立党(UKIP)の前党首、ナイジェル・ファラージ氏に扮した人がビールを飲んでいた。

世界中が招かれているパーティーは、すでにこの街にやってきているようだ。

(英語記事 Meghan sad over father's wedding absence)

(c) BBC News

最終更新:5/19(土) 12:12
BBC News