ここから本文です

「Wanna One」ダニエル&ジフン&ソンウ、5月男性グループ個人ブランドTOP3に

5/19(土) 11:32配信

WoW!Korea

韓国ボーイズグループ個人ブランド2018年5月のデータを分析した結果、「Wanna One」のカン・ダニエルが1位、パク・ジフンが2位、オン・ソンウが3位となった。

Wanna Oneのプロフィールと写真

 韓国企業評判研究所はボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のため、2018年4月17日から5月18日まで、ボーイズグループ個人445人のブランドビッグデータを測定し、ボーイズグループ個人ブランドに対する参与指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数、ブランド評判指数を分析した。

 5月のボーイズグループ個人ブランドトップ30は、「Wanna One」カン・ダニエル、「Wanna One」パク・ジフン、「Wanna One」オン・ソンウ、「Wanna One」ファン・ミンヒョン、「Wanna One」ハ・ソンウン、「Wanna One」キム・ジェファン、「防弾少年団」JIMIN、「Wanna One」パク・ウジン、「EXO」KAI、「防弾少年団」JUNG KOOK、「FTISLAND」ミンファン、「Wanna One」イ・デフィ、「Wanna One」ユン・ジソン、「Wanna One」ペ・ジンヨン、「防弾少年団」V、「EXO」SUHO、「Wanna One」ライ・グァンリン、「EXO」SEHUN、「THE BOYZ」エリック、「ASTRO」ウヌ、「WINNER」MINO、「EXO」BAEK HYUN、「SHINee」テミン、「Highlight」ヨン・ジュンヒョン、「防弾少年団」JIN、「防弾少年団」SUGA、「IMFACT」イサン、「BIGBANG」V.I、「EXO」XIUMIN、「東方神起」ユンホの順だった。

 韓国企業研究所側は「2018年5月のボーイズグループ個人ブランド評判分析結果、『Wanna One』カン・ダニエルが、10か月連続1位を記録した。カン・ダニエルのブランド評判指数が反発した。ボーイズグループ個人ブランドのカテゴリー分析を見ると、4月に比べて51.02%減少した」と明かした。

 続けて「1位を記録したカン・ダニエルはリンク分析で“かわいい、大事だ、良い”が高く、キーワード分析では“アンケート、布団の外は危険、冷蔵庫をお願い”が高かった。肯否定比率分析では、肯定比率75.56%だった」と分析した。

最終更新:5/19(土) 11:32
WoW!Korea