ここから本文です

黒柳徹子 西城秀樹さんを悼み、たたえる…あんなに歌手として頂上極めることない

5/19(土) 22:56配信

デイリースポーツ

 女優の黒柳徹子(84)が19日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、16日に63歳で亡くなった歌手・西城秀樹さんを「あんなに頂上を極めることは、歌手としてそうない。残念」と深く悼んだ。

【写真】「YOUNG MAN」が1位に!ザ・ベストテンで喜びの熱唱

 西城さんは、同局系で放送された音楽番組「ザ・ベストテン」の常連だった。黒柳は久米宏とともに司会を務めていた。黒柳は「本当に信じられないという思いと、ひどいという気持ちでした。あんなに一生懸命リハビリしていたのに」と涙声で西城さんの死を悲しんだ。

 黒柳はまた、「ベストテンで若い人はたくさんいたけれど、その中で西城さんは一番手の掛からない子供だった」と“子供”と表現。「非常に頭が良くて、にこにこしていた。私、大好きでした」と声を絞り出した。

 西城さんはドラマにも出演するなど広い分野で活躍。この点について黒柳は「あくまで歌手として、歌うことにすごく一生懸命だった」と西城さんはあくまでも軸を歌うことに置いていたと語った。

 たぐいまれな歌唱力で日本歌謡史に名前を刻んだ西城さん。黒柳は「あんなに頂上を極めることは歌手としてそうない。すごく残念です。悲しいけど、今度会った時に、まあ良かったかって言えるかなとは思います」と述べた。