ここから本文です

ペットの相手をしてくれる人工知能搭載ロボットボール「COCOMI」

5/19(土) 9:01配信

bouncy

GomiLabsが開発した「COCOMI」は、飼い主がいないときや忙しいときでも、自ら動いてペットの相手をしてくれる人工知能搭載ロボットボール。ペットがCOCOMIを口にくわえたりすると、全12種類のアクションから、その時々で違った反応をしてくれる。

ペットの遊びの行動パターンをデータとして収集して、取得したデータを小型犬や大型犬、猫などに適用し、それぞれの好みを分析。好みの動作を走行アルゴリズムに反映するため、
一瞬で飽きられる、ということもないようだ。

買える?

2018年6月下旬まで、Makuakeでクラウドファンディング中。一般販売予定価格の45%オフの1万890円から購入可能。プロジェクトが順調に進めば、2018年9月にはペットと一緒に遊ぶことができるようだ。

アプリで様々な機能を提供

アプリを通じてペットの活動状況を通知するなど、健康管理をサポート。COCOMI単体でもペットたちと十分遊んでくれるが、飼い主がCOCOMIを遠隔操作できるので、COCOIMで一緒に遊ぶことも可能だ。

また、ペットが噛んだりすることもあるため、そこから亀裂が生じて崩れるのを防ぐために充電用の穴が無く、無線充電仕様になっている。3時間で満充電となり、最大14時間動作可能だ。

ペットの為の安全性もバッチリ

ペットがくわえたり舐めたりするおもちゃなので、FDA(アメリカ食品医薬品局)が承認した原材料(ポリカーボネート)や安全性が実証されている食用インクを使用。食害の心配もなく、水洗いできるよう生活防水に対応しているので、いつまでも衛生的に管理できる仕組み。

それに加えて、オオカミの噛む力184kg、圧力(PSI、Pound per Square Inch)に換算すると2,617PSIにも耐えられるよう設計されており、耐衝撃性などにも優れている。買ったその日にバラバラに、なんてこともなさそうだ。
・ ・ ・

ペット界隈にも人工知能の流れが…。ペットに最適化された遊びができない飼い主様とは、そのうち遊んでくれなくなっちゃうかも?


GOMI Labs

Viibar.Inc

最終更新:5/19(土) 9:01
bouncy