ここから本文です

覇王・爆羅騎源氣…ぜーんぶ力士! 親方が明かした「キラキラしこ名」への思い 「電車でひらめいた」

5/25(金) 7:00配信

withnews

 宇瑠寅太郎(うるとら・たろう)、爆羅騎源氣(ばらき・げんき)、覇王万蔵(はおう・まんぞう)――。大相撲の式秀部屋は、個性的なしこ名の力士がずらりと並びます。一見キラキラネームのようですが、名付け親の式守親方(元前頭・北桜)は「しこ名は力士の看板。真剣に名付けました」と語ります。人気漫画「ワンピース」から、亡き父の意思を継いで――。名前にはそれぞれにストーリーがあり、弟子の成長を願う親方の愛がこもっていました。(朝日新聞記者・小池寛木)

【画像】栃ノ心がオビワンと言われた理由 力士ファッションショー

やる気を引き出すしこ名に

 「黎大(れおん)、ただ稽古するな。どうやって足使うか研究するんだ」

 「冨蘭志壽(ふらんしす)、よく残した」

 「爆羅騎、油断するな。攻めのスピードを上げれば、上へ行ける」

 両国国技館から約40キロ離れた茨城県龍ケ崎市の式秀部屋。早朝、ぶつかり稽古を繰り返す弟子たちに式守親方のげきが飛びます。


 ――個性的なしこ名に、どんな狙いがあるのですか?

 「狙いは、彼らにやる気を出してもらうことです。自分の名前って看板じゃないですか。自分のモチベーションが上がる名前が一番だと思います」

 「よくキラキラネームなんて言われるんですけど、キラキラネームをつけようと思ったんじゃないです。お客さんに覚えてもらえる名前を真剣に考えて、つけた名前です。応援してもらえるのが、自分の力になりますから」

性格や趣味からインスピレーション

 ――しこ名をどうやってつけていますか?

 「本人の性格や趣味をみて、その子に合うのをインスピレーションで考えます」

 「字を書き、字画のバランスもみます。スマートフォンのアプリの占いで字画をみて、『大吉』が出るまで占います。本人と携わる中で、(着想が)出てくるので、さっとはつけません」

爆羅騎源氣、茨城元気 電車でひらめいた

 ――部屋頭の爆羅騎源氣さんの由来を教えてください。

 「爆羅騎は本名からとりました。それで下の名前は、何にしようか考えていた頃でした」

 「ここは(部屋の所在地が)茨城じゃないですか。女将さんと電車に乗っていて、『茨城、元気』というキャッチコピーのポスターが貼ってあったんですよ。『茨城、元気』『ばらき、元気』――と浮かんできて、これはいいなあと思いました」

 「爆羅騎の頭に『い』をつけたら、『いばらき』。頑張って、『いい』爆羅騎なったら、茨城大使になれそうじゃないですか。おでこに『い』とつけて、『い爆羅騎』なんていいじゃないですか。『源氣』は気の源、『元気』と意味合いは一緒のような気がしませんか」


     ◇

【爆羅騎源氣(ばらき・げんき、趣味は温泉)の本音】
「(しこ名は)自分も気に入っています。ファンも名前を覚えてくれるので、それで頑張れます。立ち合いを低くから持っていくような相撲を磨き、上位を目指したいです」。本名は伊藤爆羅騎。映画「バラキ」の題名から父が名付けた。兄の名は羅王(らおう)で、漫画「北斗の拳」のラオウが由来。しこ名も羅王で、立浪部屋に所属する。羅王とは実家で会い、アドバイスをもらうこともあるという。

1/3ページ

最終更新:5/25(金) 7:00
withnews