ここから本文です

iPhoneで水中写真も撮れる防水ケース「amphipac」

5/20(日) 12:01配信

bouncy

スイスのamphipac社が開発した「amphipac」は、iPhoneで水中写真を撮れるようにするハウジングケースだ。特徴的なドームポートは傷防止コーティングによって、レンズカバーも必要ないため使い勝手が良さそう。

水中での撮影を実現するドームポート

特徴的なドームポートと、水中でもタッチスクリーンが操作できるおかげで、コンパクトカメラの小さなレンズでは撮影が難しい、素晴らしい写真を撮ることができる。

水中撮影で一番怖いのは、うっかりiPhoneを手放してそのまま海底にさよならしてしまうことだが、ドームポートが浮き袋の役目を果たしてくれるので、仮に手放してしまったとしても簡単に回収可能。

なお、対応するiPhoneは、iPhone 6/6S/7/8となっている。

・ ・ ・

アクションカメラを使わなくても、良い感じの水中写真を撮らせてくれる「amphipac」。今年の夏は、「インスタ映え」する水中写真にチャレンジしてみては?

amphipac

Viibar.Inc

最終更新:5/20(日) 12:01
bouncy