ここから本文です

男子テニス・鄭現が世界ランク20位 全仏のシード獲得

5/21(月) 11:13配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】男子テニスの21日付世界ランキングで、韓国の鄭現(チョン・ヒョン、22)は前週に続き20位となり、27日開幕の四大大会第2戦、全仏オープンでシード権を獲得することになった。韓国勢の四大大会シングルスでのシードは初めて。

 全仏オープンは32シードで、21日付世界ランクを基に決まる。鄭は第19シード前後となる見通しだ。

 鄭は1月、四大大会第1戦の全豪オープンで韓国勢初の四大大会4強入りを果たしている。

 一方、世界ランク1位にはラファエル・ナダル(スペイン)が返り咲き、ロジャー・フェデラー(スイス)は2位に後退した。錦織圭(日本)は3ランク上昇の21位。

最終更新:5/21(月) 11:41
聯合ニュース