ここから本文です

ロッテ・有吉 23日の日本ハム戦で初先発「自分のできることをやりたい」

5/21(月) 13:07配信

デイリースポーツ

 ロッテに“プロ初先発ラッシュ”だ。

 17日にドラフト5位・渡辺がオリックス戦でプロ初登板初先発すると、20日は2年目左腕・土肥がソフトバンク戦で続いた。

【写真】謎の魚 泳ぐ?

 さらに23日の日本ハム戦では2年目の有吉優樹投手(27)が初先発する。

 「先発は社会人(九州三菱自動車)最後の大会以来で2年半ぶりです。自分のできることをやりたい。楽しみです」。21日、ZOZOマリンで調整した有吉。その言葉に気負いはなかった。

 有吉は新人の昨年、中継ぎをメインに53試合に登板。2勝5敗1S、防御率2・87の成績を残している。

 今季も14試合に登板して0勝0敗2Hで防御率4・91。

 本人はプロ入り以来、先発指向だったが、チーム事情もあって中継ぎ役だった。

 13日の西武戦で3回を68球、被安打6で1失点。二木、酒居、佐々木らは二軍で調整中で、有吉にチャンスを与えることになった。

 小林雅投手コーチは「球数、イニングもあるがいけるところまでいってほしい。渡辺、(土肥)星也もそうだったが、1番手のつもりで」と話した。

 有吉も「一回、一回しっかりと投げたい。これまでの経験を生かしたい」と前を向いた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(月) 19:25