ここから本文です

将棋・5月21日週の主な対局予定 24日・羽生竜王対深浦九段の勝者が藤井七段と対決 26日に高見叡王が誕生か

5/21(月) 13:22配信

AbemaTIMES

 日本将棋連盟による5月21日週の公式戦は、24日に王座戦挑戦者決定トーナメントで羽生善治竜王と深浦康市九段が対局。勝者は、最年少でのタイトル獲得を目指す藤井聡太七段との対局が決まる。また26日は今回の第3期から8大タイトル入りした叡王戦七番勝負の第4局。ここまで高見泰地六段が3連勝しており、勝利すればタイトル初挑戦で初タイトルが決まる。主な対局は以下のとおり。

5月21日(月曜日)

竜王戦4組昇決 中村修九段VS黒沢怜生五段 (携帯中継)
王将戦一次予選 森下卓九段VS飯島栄治七段 (携帯中継)
王将戦一次予選 千葉幸生七段VS斎藤明日斗四段 (携帯中継)

5月22日(火曜日)

竜王戦4組 谷川浩司九段VS増田康宏五段 (携帯中継)
竜王戦4組昇決 菅井竜也王位VS日浦市郎八段 (携帯中継)
棋王戦予選 鈴木大介九段VS船江恒平六段 (携帯中継)
王将戦一次予選 佐々木勇気六段VS高見泰地六段 (将棋プレミアム・携帯中継)
YAMADAチャレンジ杯 門倉啓太五段VS高野智史四段 (携帯中継)
女流王位戦第2局 里見香奈女流五冠VS渡部愛女流二段 (携帯中継)

 渡辺女流二段が先勝して迎える第2局。同タイトルは里見女流五冠が3連覇中。渡辺女流二段はタイトル戦初出場。持ち時間は各4時間。

5月23日(水曜日)

王将戦一次予選 浦野真彦八段VS都成竜馬五段 (携帯中継)
加古川青流戦 伊藤沙恵女流二段VS岡部怜央三段 (携帯中継)

5月24日(木曜日)

王座戦挑決トーナメント 羽生善治竜王VS深浦康市九段 (AbemaTV・携帯中継)

 中村太地王座への挑戦権をかけたトーナメント。羽生竜王は、昨年失ったタイトルだけに、2期ぶりの復位を目指している。深浦九段も2007年から3期防衛した王位以来のタイトル獲得を狙っている。この2人の対局は、今回で79局目を数え、過去の対戦成績は羽生竜王の46勝32敗。この対局の勝者は、史上最年少タイトルを目指している藤井聡太七段と対局することが決まっている。持ち時間は各5時間。

王座戦挑決トーナメント 久保利明王将VS藤井猛九段 (携帯中継)
王将戦一次予選 阿部隆八段VS大橋貴洸四段 (携帯中継)
マイナビ女子オープン第4局 加藤桃子女王VS西山朋佳三段 (携帯中継)

 第3局まで終えて、西山三段が2勝1敗と王手をかけている。タイトル獲得なれば西山三段は初。同タイトルは加藤女王が4連覇中。持ち時間は各3時間。

5月25日(金曜日)

竜王戦1組決勝 広瀬章人八段VS豊島将之八段 (AbemaTV・携帯中継)
 羽生善治竜王への挑戦権をかけた本戦トーナメントの前に行われるランキング戦。6組ある中で最上位の1組は16人が参加し、5人が本戦に出場する。決勝の2人は既に本戦出場が確定しているが、本戦は変則トーナメントで、優勝者はいきなり準決勝からの登場。挑戦者決定三番勝負への最短ルートを得ることになる。また優勝者には460万円、準優勝者には115万円の賞金が出るため、金額的にも負けられない一局だ。

棋王戦予選 田村康介七段VS宮田敦史六段 (携帯中継)
棋王戦予選 村山慈明七段VS村中秀史六段 (携帯中継)
YAMADAチャレンジ杯 瀬川晶司五段VS梶浦宏孝四段 (携帯中継)

5月26日(土曜日)

叡王戦第4局 金井恒太六段VS高見泰地六段 (ニコニコ生放送・中継・携帯中継)

 第1局から第3局まで高見六段が3連勝で、一気に初タイトルに王手をかけた。叡王戦は第3期ながら、今回から8大タイトル入り。優勝者が「叡王」としてタイトルを保持し、来期から挑戦を受けることになる。七番勝負は対局ごとに持ち時間が変わる独特なルールで、第4局は各3時間。

加古川青流戦 慶田義法三段VS天野啓吾アマ (携帯中継)

最終更新:5/21(月) 13:22
AbemaTIMES

あわせて読みたい