ここから本文です

イニエスタが後継者3人を指名…カンテラ出身20歳MFの名前も

5/21(月) 19:00配信

ゲキサカ

 今季限りでバルセロナを退団するMFアンドレス・イニエスタが自身の後継者として3選手の名前を挙げている。英『トライバル・フットボール』が伝えた。

 イニエスタは20日、バルセロナでのラストゲームとなるリーガ・エスパニョーラ第38節ソシエダ戦(1-0)に先発出場。後半37分までプレーし、試合後にはカンプ・ノウのファンに見守られながらセレモニーを行った。

 スペイン『マルカ』によると、イニエスタは退団に際して「みんなのことはこれからもずっと忘れない。この思い出とともに次の道へ歩んでいく。素晴らしい22年間だった。とても誇りに感じるし、このクラブを代表できることを喜ばしく思う。子どもの頃にここに来て以来、僕に対して愛とリスペクトを与えてくれた皆さんに感謝の言葉を伝えたい。1人の人間として、ここを巣立つときがきた」と心境を述べている。

 また、英『トライバル・フットボール』では、イニエスタが自身の後継者について言及したことを紹介。代わりの選手を補強する必要はないと主張し、MFコウチーニョ、MFデニス・スアレス、MFカルレス・アレーニャの3人の名前を挙げたようだ。

 今年1月にリバプールから移籍したコウチーニョは加入後すぐにフィットし、今季リーガ18試合で8ゴール5アシストと存在感を見せた。2016年7月にバルセロナへ復帰したD・スアレスも今季リーガ18試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。

 アレーニャは下部組織出身の20歳。2016年11月30日のコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のエルクレス戦でトップデビューを果たすと、その試合でいきなり初得点をマークした。今季のトップチームでの出場はコパ・デル・レイ3試合のみだったが、年代別のスペイン代表にも名を連ねてきたスター候補生の1人だ。

 バルセロナ一筋16年のバンディエラはこの3人について「彼らは全てのクオリティーが高い」と期待を込めて語っている。

最終更新:5/21(月) 19:02
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合