ここから本文です

バレー中田ジャパン「エース」の決意 古賀、石井、黒後、井上

2018/5/22(火) 12:00配信

THE PAGE

石井優希「自分がエースにならないと」

 リオオリンピックを経験させていただいて、久光製薬でもリーグ優勝という結果を残してMVPやレシーブ賞をいただいた。全日本での期待も込められての賞だと思うので、「自分がエースにならないといけない」と思いますし、自分は「崩れてはいけない存在」だと思います。

 久光製薬でも今までは、(自分が前衛にいても)バックの長岡(望悠)にトスが上がることが多かったのですが、今シーズンは勝負所でトスが上がってくる場面が多くて、プレッシャーのかかる場面でもしっかり勝負して決め切れていた。最後に自分に上がってきて、そういう(エース的な)存在として自分が決めて勝ったということはすごく大きな経験、自信になりました。

 絶対に二段(トス)が上がってくるポジション。海外は高さがあるしブロックで囲まれるので、そこをどううまく得点するか、リバウンドを取っていい状態で打つというのが大事になるので、「状況判断」を大事にしていきたい。

 メンタルは大きく変わったと思います。去年の全日本で苦しんだので……。自分がどう見られているかばかり気にしていてもったいなかったなと。久美さん(中田監督)には、今シーズンに懸ける思いを伝えました。自分が主として頑張りたいと伝えた時、「ユキはやらなきゃいけない」と言っていただいたので、ネーションズリーグでもしっかりと結果を出して経験を積み重ねていきたいです。

 パス(サーブレシーブ)が重要で、きっちり返してから攻撃でも決める、そういった意味でも自分のポジションは「エース」だと思う。「サーブレシーブで崩れない」を一番に考えて、ディグもしっかり返して点数に絡んでいく。昨シーズンは前衛が2枚の時に苦しんだので、「バックアタックを増やしていこう。テンポも速くして積極的に使っていこう」と。自分としてもパスしてからでも積極的に入っていけるように体の使い方を考えています。どんどんトライして使っていけたらと思います。

 若い選手にもパスしながら打つうまい選手が多いです。自分が生き抜くためには経験やオールラウンダーとしての安定したプレーが必要。若い子に負けず、フレッシュさも出して引っ張っていけるようにしたいです。

 メンバー争いは激しいですし、「木村沙織さんの後継者は?」という目でも見られると思いますが、自分は自分なので。どういう選手になりたいかを考えて、東京オリンピックに向けて自覚を持ってやっていきたいです。

2/4ページ

最終更新:2018/10/2(火) 15:10
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事