ここから本文です

食パン1斤を47枚に極薄スライス!? 間にクリームをはさんで作ったミルフィーユがおいしそう

5/22(火) 9:15配信

ねとらぼ

 あるパン屋さんが食パン1斤を47枚に切り分けて見せ、Twitterにどよめきを起こしました。1枚あたりの厚みは約2ミリと、恐ろしいまでの神業。

重ねた断面がまた美しい

 投稿主のじゅんさんは、千葉県流山市にある「小倉ベーカリー」の店員。お店にある、昔ながらの手動スライサーを使い、極薄の食パンを切り出しました。機械を使うとはいえ、薄く切るのは慣れが必要で難しく、今回が自己ベストだそうです。

 切ったパンは1枚1枚にクリームを塗って積み重ね、ミルフィーユならぬ「47フィーユ」に。パンとは思えない食感で、想像をはるかに超えるおいしさだったそうです。単なる腕試しで終わらず、きちんとおいしいものに仕上げるところもすごい。

 ツイートには「食べてみたい」の声が多数寄せられ、じゅんさんも商品化の検討をしてみたいとのこと。また、「トーストしたらパリパリになっておいしそう」「巻きずし感覚でサラダロールにしてみては」と、さまざまな提案も挙がっています。

最終更新:5/22(火) 13:03
ねとらぼ