ここから本文です

危険タックル指示「井上コーチ」 高校から宮川選手の「恩師」だった

5/22(火) 18:15配信

J-CASTニュース

 日本大学・危険タックル問題をめぐる宮川泰介選手の会見で、新たに注目を集めたのが「井上コーチ」の存在だ。

 この「井上コーチ」とは、日大アメフト部でコーチを務める井上奨氏を指す。チームにおいて絶対的な地位だった内田正人監督ではなく、この井上コーチが、直接的な指示を行っていたとされる。また、2018年5月12日、内田監督に代わって関西学院大学への謝罪に赴き、「門前払い」を食らったのもこの人物だ。

■内田監督も同じ日大豊山出身

 日大アメフト部ファンによるウェブサイトやブログ記事などには、2007年~10年ごろにかけての所属選手として、「井上奨」選手の名前がある。奇しくもポジションは、宮川選手と同じディフェンスライン(DL)だ。

 井上コーチは、系列校である日大豊山高校のアメフト部の監督も務めていた。宮川選手はこの出身であり、いわば恩師とも言うべき存在である。付け加えれば、内田監督も日大豊山→日大という経歴をたどっている。

 その「恩師」が、宮川選手を危険タックルへと追い込んだ――22日、日本記者クラブで行われた会見からは、そんな非情の構図が浮かび上がる。

  「宮川なんかはやる気があるのかないのかわからないので、そういうやつは試合に出さない。辞めていい」

 内田正人監督から、チームメンバーの前でこう叱責され、さらに日本代表を辞退するよう求められるなど、宮川選手は問題の試合を前に苛烈なプレッシャーを受けていた。

 高校時代から知る井上コーチからもまた、

  「お前が変わらない限り、練習にも試合にも出さない」

と突き放され、実際に実戦練習からも外されるという仕打ちを受ける。異常ともいえる「冷遇」の中、試合前日の5日の練習後、井上コーチはこんな指示を下す。

  「監督に、お前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQBを1プレーで潰せば出してやると言われた。『QBを潰しに行くんで僕を使ってください』と監督に言いに行け」

1/2ページ

最終更新:5/22(火) 18:15
J-CASTニュース