ここから本文です

国際市民スポーツ連盟オリンピアード 21年のソウル開催決定

5/22(火) 16:53配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社は22日、2021年の「第17回国際市民スポーツ連盟オリンピアード大会」のソウルへの招致に成功したと明らかにした。

 韓国はイタリアのシチリアで21日(現地時間)に開かれた同連盟の総会で、競合の米アーリントンを抑えて開催都市に選ばれた。

 2年ごとに開かれるこの大会は、勝敗にこだわらない非エリート、非競争のスポーツイベント。1989年にオランダで初開催され、アジアでは日本と中国に続き3回目の開催となる。

 観光公社は「21年10月に開かれる韓国大会には、40カ国・地域の外国人約2000人を含め計1万人ほどが参加すると予想している」とし、「DMZ(非武装地帯)ウォーキングや平昌冬季五輪体験トレッキングなどの観光プログラムを通じて、スポーツ観光の活性化に大きく貢献するだろう」と期待を示した。

最終更新:5/22(火) 16:55
聯合ニュース