ここから本文です

【個別インタビュー】「GFRIEND」、待望の日本デビューにドキドキ、ワクワク! 

5/22(火) 19:46配信

WoW!Korea

2015年の韓国デビュー以来、清純な魅力と共に、躍動感溢れるダンスで数多くのファンの心を掴んできたガールグループ「GFRIEND」。日本でも各音楽フェスティバルなどに出演し、去る4月1日には「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2018」のオープニングアクトや「KCON 2018 JAPAN」にも出演! 早くから日本のK—POPファンに注目されてきたが、5月23日には待望のデビューアルバム「今日から私たちは~GFRIEND 1ST BEST~」の発売が決定し、日本での本格的なプロモーションに突入する! 日本でのデビューを間近に控えた「GFRIEND」がインタビューに応じてくれた。

【画像】「GFRIEND」、個別インタビュー


―日本での活動について―
Q.いよいよ日本でのデビューアルバム「今日から私たちは~GFRIEND 1ST BEST~」が5月23日に発売されますが、今のお気持ちはいかがですか? 

ソウォン:今まで日本での公演でファンの皆さんとお会いしたことはありましたが、今回初めて正式デビューするのでとてもドキドキしています。一生懸命準備して頑張りたいという気持ちでいっぱいですね。

ユジュ:待っていて下さったファンの皆さんの期待に答えられるように良い姿をお見せしたいという気持ちで緊張もしていますが、直接その場に行って皆さんの近くで公演ができるのでワクワクしています。

ウナ:日本で新しくデビューするだけにとても緊張しますが、新しいスタートをするという意味でドキドキ(日本語で)します! 

オムジ:日本のファンの皆さんと良い思い出を作れると思うので、私もやはりドキドキしているし、健康に気をつけて、そしてメンバーとの間でもよい経験を積んでいけたらと思っています。

シンビ:私たちが今まで韓国で活動してきたことを日本で新しくデビューして活動するということでとても気持ちも新たにし、緊張する思いもありますが、長い間待っていて下さったファンの皆さんのためによい舞台をお見せしたいという気持ちでいっぱいです。

イェリン:日本のファンの皆さんとコミュニケーションできると思うととてもうれしいですし、5月23日まであとわずかですが、ファンの皆さんと快くお会いできたらうれしいです。


Q.タイトル曲に加え、3RDアルバムの「TRUST」が収録されていますが、特別な意味がありますか? 

ソウォン:「TRUST」が日本デビューの曲の中で唯一のバラード曲です。他の曲は皆さん良くご存知の明るくて「GFRIEND」らしい曲だとすれば、もっと感性的な「TRUST」を追加することでもう少し完成度のあるアルバムになったのではないかと思います。


Q.3月29日 豊洲PITでの「Popteen絆フェス」、4月1日に横浜アリーナで開かれた「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2018」の OPENING ACT、そして14日幕張メッセでの「KCON 2018 JAPAN」に出演されましたが、公演はいかがでしたか? 

ユジュ:最初に舞台に立った時のファンの皆さんの視線が忘れられないし、舞台に立つ直前にメンバー同士で日本語バージョンの歌詞の確認をしたりしてとても緊張しましたが、楽しく準備したことが記憶に残っています。
イェリン:私の場合は「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2018」の時に女性のファンの方が「GFRIEND イェリン」と韓国語で書かれたプラカードを持っていたのでとてもうれしかったですね。


Q.日本のファンの印象はいかがでしたか? 

ソウォン:韓国のファンの方は大歓声を上げて応援して下さることが多いですが、初めて日本の舞台に立った時はそれほど大きな歓声がなかったので、ファンが来ていないのかなと思ったらそうではなくて、皆さん両手を握って「感動~! 」ってされているのを見て、ファンの皆さんのまた違った魅力を感じました。


Q.男性ファンの方も多いですが、どんな反応ですか? 

シンビ:やはりプラカードを持ってキラキラした目で私たちを見つめて下さっていました! 


Q.韓国では本当によく知られている曲ばかりが収められていますが、日本語で歌った時の感じはいかがですか? 皆さんそれぞれ一番思い入れのある曲は何でしょうか? 

イェリン:私は日本のアルバムの中では「TRUST」が、日本語の一つ一つを噛みしめながら歌いました。初めは詳しい意味が分かりませんでしたが、一言一言の意味を理解しながらその意味をうまく表現できるようにとても努力しました。それで「TRUST」をうまく表現できたのではないかと思っています。

ウナ:「NAVILLERA」の歌詞を始めて受け取った時はとても難しいかなと思ったんですが、レコーディングしてみるととても合っていて気に入ったので、タイトル曲にしてもいいくらいに感じました。


Q.速いテンポの曲ですが、日本語でも大丈夫でしたか? 

ウナ:難しい単語も多かったんですが、何度も歌って練習したらすっかり慣れて歌いやすくなりました。


Q.日本語が皆さんとてもお上手ですが、いつから勉強されましたか? 自分なりの勉強法はありますか? 

オムジ:日本語の授業を受けているんですが、授業の始めにフリートーキングをする時間があるんです。昨日は何をしたのかとか、一週間前は何をしたかとか些細な会話をするんですが、メンバーみんなが知らない単語があってもまずは話してみて、先生が直して下さればそれを記録したり、自分がよく使う単語なども把握しながら勉強しています。

ユジュ:まずは単語を覚えることが基本だと思うんですが、単語は暗記する以外には方法がないので、覚える時にはいくつか関連性のある単語を繋げたりしながら覚えました。


Q.日本に関することで興味があるものは何ですか? 行ってみたい場所は? 

イェリン:みんなで日本でのスケジュールを終えた最後の日に温泉に行ってサッと疲れを取りたいな~と思うんですけど…(メンバー全員「幸せそう~」と歓声をあげる)

ソウォン:日本の温泉は一回も行ったことがないんです。行ってみたいですね~。


Q.日本の好きな食べ物は? 

ウナ:食べることが好きなんですが、以前日本に行った時には気づきませんでしたが、前回行った時に日本の食べ物がと~っても口に合ったんです! (メンバー笑)お弁当もとてもおいしいし、本来ラーメンがあまり好きじゃなかったんですが、前回行った時にとても好きになりました。3日連続で食べたし、友達に会った時も食べました! 豚骨ラーメンが美味しいです。

ソウォン:私は海産物がとても好きなので、お寿司も好きです。焼き物が好きなのでいつか炉端焼きを食べてみたいです! 


―今までの活動について―

Q.活動をしながらメンバーとの友情を感じたエピソードがあれば教えてください。(メンバーに助けられたこと、通じ合ったこと、一緒に大笑いしたことなど)

ソウォン:メンバー全員のカカオトークルームがあるんですが、いつもとても盛り上がっています。些細なことや面白いこと、嫌なことなどがあればメッセージを送ったり写真を撮ってアップしてメンバーみんなで喜んだり、分かち合ったりするんです。そういう時はメンバ―たちがいて良かったなぁと思います。

Q.最近の一番の話題は? 

イェリン:昨日のホコリの話? 

ソウォン:それは大きな話題にはならなかったから…(メンバー笑)

ウナ:でも面白かったのに~(笑)

ユジュ:最近イェリンさんがパン作りをしてるんですが、イェリンさんが、みんながパンを食べられるように盛り付けて置いておいたのに誰も食べないんです(笑)それでイェリンさんがカカオトークルームに「これ食べる人? 」とメッセージを上げて…

イェリン:「このマドレーヌ食べる人? 」と上げたと思うんですが、その言葉の響きが…

ウナ:食べたら怒られそうな感じがしたんです(笑)

ソウォン:「パン食べたい人~」ではなくて、「食べた人誰? 」と聞いてるような感じがして(メンバー口々に「あ~そうそう! 」と話す)

オムジ:「言わずに食べた人は誰? 」みたいな(笑)

ソウォン:それでみんな「私じゃないよ~」とか「触ってもいない」とか返事をあげて(笑)

イェリン:そこで私が「なんで食べないの~? 」って怒ってみたりして(笑)


Q:皆さん宿舎での生活で役割分担はありますか? 

オムジ:特にないんですが、各自の部屋をかたずけて自分のものは自分で整理しています。

ウナ:でもラーメンを食べたら必ずお鍋は洗わないといけないんです(笑)次の人がすぐ使えるように。


Q.料理をよくするメンバーは? 

ウナ:オムジさんです。サラダをよく作ってくれます。

オムジ:料理とまではいかないですが、デリバリーフードよりは家で作って食べるので、豆腐を焼いてみたり、サラダのドレッシングを作ったり果物を剥いたりしていつも台所にいる方です。それにとても面白いですね~。

イェリン:私たちがよくデリバリーを頼むんですが、宿舎一帯の地域の食べ物は高いので、うちの母がいつも作って持ってきてくれるんです。それでいつも母の味を忘れずにいます(笑)


Q.「GFRIND」と言えば親しみがあって、健康的で清純だというイメージがありますが、それ以外にも皆さんそれぞれにどのような魅力があると思いますか? 一番自身がアピールしたい魅力は何ですか? 

メンバーたち:(シンビを見ながら)「COOL BEAUTY」ですね(笑)

シンビ:「COOL BEAUTY 」です(笑)

イェリン:顔だけ見ると背が低いとたくさんの人達から思われがちなんですが、実際には高いとびっくりされることが多いんです。私は思ったよりも背が高いです! (笑)それが魅力です。

オムジ:私は普段ナチュラルなものを好む方なんですが、舞台でのメイクも好きですが普段するナチュラルなメークが好きで、服ももっと楽なものが好きなので、ナチュラルさが魅力の一つではないかと思います。

ウナ:私は…グループの中では一番背が低いので、皆さん本当に低いと思われるかもしれませんが、思ったよりも高い方です! (笑)「ウナ、なんでこんなに高いの? 」って言われることも多いですね。

シンビ:私たちが平均的に背が高くて、あちこちに散らばって立っている姿を見ればとても高い方です(笑)

ウナ:学生時代の友達に会ってみると私が一番背が高いです(笑)あ、違うかな? (笑)

ユジュ:う~~ん…(悩む)

メンバーたち:「目が澄んでいます(笑)」

ユジュ:私はよく分からないんですが、メンバーがいろんな才能があると言ってくれます。

ウナ:ユジュさんは多才多能です~

イェリン:ユジュさんはかけっこが本当に速いんです! 検索したら出てきますよ(笑)

ユジュ:一緒に走りますか? (メンバー笑)

ソウォン:皆さん私が、背がとても高いために座高も高いと思っている人が多いんですが、座高は低い方です…(笑)


Q.もし今、リアルバラエティをするとしたら何をやってみたいですか? 

ソウォン:本当にやりたいのは休息バラエティですね(笑)デビュー当時「ある素敵な日」というバラエティを海外でしたことがあるんです。趣旨としては苦労されている方に休んでもらうというものだったんですが、会社のマネージャーさんの積極的な推薦で、デビューしてまだ間もないから休むよりも訓練をする方がいいといわれて・・(「あ~そうそう! 」と共感するメンバーたち)演技の練習、個人芸の練習、ギャグ、ダンスなどの練習を海外に行ってまでやったことがありました。でももし今バラエティをするなら、遊んで楽しんで、気楽な私たちの姿が映し出されるバラエティに挑戦したいです。

イェリン:スタジオに撮影する人なしにカメラを設置して、食べ物とか飲み物、TVなどが完備されて私達だけで自由に過ごせるプログラムがあったらいいですね。とても面白そうです! 

シンビ:そうしたらきっと一か月ぐらい撮影できそうです(笑)


Q.皆さんのストレス解消法は何ですか? 

ウナ:(日本語で)「ストレスがたまる」ですね(笑)

オムジ:私は外の空気を吸いながら考える時間を持つようにしたり、好きな音楽を聴いたり、心を安定させるとストレスが無くなる方だと思います。

イェリン:私はダイアリーにどんなストレスが溜まったかを書き出します。そしてそれに順位をつけて、その中から一番のストレスが何かを考えます。ストレスは時間が薬になることもありますが、ダイアリーの内容を見ながらこのストレスをどのくらいの期間持ったまま暮らしているのか確認してそれを解決するための時間を持つようにしています。


Q.どんな方法で解決しようとしますか? 

イェリン:私の場合表現することが楽なので、そのことについて思いつくことをとにかくたくさん書き出して心の整理をするようにしています。


Q.もともと歌手になろうと思ったきっかけは何でしたか? 

ソウォン:とても幼い時にTVで大きなコンサートを放映する番組があったんですが、実際会場からステージを見るととても小さいですよね? 何千人も収容する公演会場でステージが見えないから望遠鏡を持って観ている人が画面に映ったんです。それを見て、自分が好きな歌手のためにこうしてまで応援するんだなと思って、私もその舞台に立ってみたいと思うようになったのがきっかけでした。

ユジュ:私は幼い頃から親戚や家族が集まるといつも歌を歌わされていました。それでどこに行っても歌わなくちゃと思っていたんですが、ある時いつの間にかオーディション会場に向かっていたんです(笑)それをきっかけに今こうして過ごしています。

ウナ:私も幼い頃から歌が好きで、それで歌手の夢を育てました。同じ世代の芸能人たちはみんなそうかもしれませんが、BoAさんが好きだったのでBoAさんを見ながら歌手の夢を育てました。

オムジ:私はダンスや歌は幼い頃から好きでしたが、歌手になろうという夢までは持っていませんでした。でも運よく会社の方からキャスティングを受けてオーディションを受けて、練習生としての生活を始めながら歌手としての夢を持って一生懸命頑張ってきました。

シンビ:幼い頃に周りの方がうちの母に「この子は可愛いから芸能人になったらいいのに」と言われたことから始まって、子供モデルをしながら自然に歌手の道に進むようになりました。


Q.ダンスはいつごろから始められたんですが? 

シンビ:ダンスは本来好きだったので、友達が塾に通っていた頃はダンススクールに通っていたので自然に歌手になる夢を持つようになりましたね。

イェリン:家では両親が演歌をたくさん聞いていて、歌手といえばチャン・ユンジョンさんしか知らなかったんですが、小学校の高学年になった頃に大きくなったら何になろうかとあれこれ将来の夢を持ってはやめることを繰り返していた時に、偶然TVで「少女時代」を見て、とてもかっこよくて輝いていたんです。それで大きなカルチャーショックを受けて「私も歌手になる! 」と母に話したら、それもすぐ諦めるだろうと思われたんですが、本当にこの夢は長く続いて、芸術高校に進学して努力したところ歌手になることができました~! (パチパチと拍手)


Q.間もなく韓国でもカムバックされますが、2018年に叶えたい目標はありますか? また日本のファンの皆さんに一言お願いします。

ソウォン:韓国では久しぶりのカムバックになります。今までとは違って長い期間を置いてのカムバックになりとても緊張していますが、一生懸命準備した分、待っていて下さったファンの方々のためにも良い姿をお見せしたいし、日本のファンの皆さんとは遠く離れてはいませんがなかなかお会いできない中でもいつも応援して下さって、励ましのメッセージも送って下さるのでいつも大きな力になっています。今回このように日本でデビューすることになって、日本で皆さんと良い思い出が作れたらうれしいです。今後も良い姿をお見せできるように頑張りますので応援してくださいね~! 


 スタジオに入ると背が高く色白で、少女漫画からそのまま飛び出したかのような6人の彼女たちが目に入った。カメラを前にしてポーズをとる姿からは目が離れられないほどの魅力を発散していた。インタビューに入るととても賑やかで愛らしく、習った日本語を時折挟みながらインタビューに答えるメンバーたちの姿がとても印象的だった。韓国での久しぶりのカムバックに加え、日本でのデビューを目前とし、緊張感と頑張りたい! という意気込みが感じられたインタビューとなった。

 デビューアルバムには彼女たちのサクセスストーリーを語る上で欠かせない“学校三部作”「Glass Bead」、「Me Gustas Tu」、「ROUGH」のヒット曲 3 作の他に2016 年に歌番組 14 冠を記録した「NAVILLERA」、感涙必至の名バラード「TRUST」、最新ヒット曲「LOVE WHISPER」の計 6 曲それぞれの日本語版と韓国語オリジナル版を含む 12 曲で構成されている。

 「GFRIEND」は5月23日の日本アルバムデビューを皮切りに日本でのプロモーションを開始する。

最終更新:5/22(火) 19:46
WoW!Korea