ここから本文です

日大のツイッター荒れ放題…内田前監督への抗議、会見した当該選手に「胸が痛む」

5/22(火) 21:11配信

デイリースポーツ

 大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手が22日、都内の日本記者クラブで会見を開いた。選手は内田正人前監督、コーチから関学大クオーターバック(QB)を「つぶせ」との指示があったことなどを明らかにした。日大のツイッターには、十分に対応しているとは言いがたい大学側の姿勢に抗議の声が集まり、荒れ放題となっている。

【動画】やはり指示はあった…日大「反則タックル」の一部始終

 日大はツイッターで附属中学・高校の紹介や学部紹介をしているが返信のほとんどが、この問題における大学側の対応の批判となっている。「内田前監督と井上コーチは、申し開きがあるのなら、速やかに会見を開いてください。事実だけ話してくれればいいので、調査とか書類とか不要です」「1学生がここまで勇気を出したんだぞ!日本大学広報の人間よ!ちゃんと逃げないでコメントしろよ!同じ人間なら!」「受験者数は減るだろうな。もはや日大のパブリックイメージは最悪」などと対応の不備を指摘する声が目立つ。

 また、当該選手が会見したことを受け「会見見てるか?彼を追い詰めたのは日大アメフト部指導者、そしてお前ら広報だぞ 指導者の強制的な指図があったと言いながらも、自分の非を認め、残った部員やアメフト自体を守ろうとしてるじゃないか!ここまでのしっかりした会見をどう感じる?」「まだまだ20歳の子供なのに全ての責任を背負わされて、胸が痛みます。謝罪会見、どんなに怖い思いをしているだろうか」「当該選手の会見。無数のフラッシュ・好奇の目で見られる中、本当に勇気のいる行動だと思う。怪我をさせたのは事実だからそこは許されることではないが、俺はキミを応援してるぞ!!頑張れ!!」と会見した当該選手の姿勢を評価する声もあった。