ここから本文です

沼津市長が立ち入り調査明言 鉄道高架事業 地区会合で

5/22(火) 13:48配信

静岡放送(SBS)

 JR沼津駅周辺の鉄道高架事業について、沼津市の頼重市長が5月21日夜、市長就任後初めて地元地区の会合に出席し、強制収用に向けた立ち入り調査を実施することを明言しました。
 21日夜の会合には鉄道高架事業に伴いJR貨物駅の移転先となる原地区の自治会役員など約40人が出席しました。鉄道高架事業をめぐっては特に原地区で住民の反対があり、4月の市長選で初当選した頼重市長は自治会の役員に対して事業の必要性や将来の町づくりについて説明し、理解を求めました。
 頼重市長は会合後、強制収用に向けた立ち入り調査を秋ごろに実施するため既に業者の選定に入っていることを明らかにした一方、地権者への説明も重ねる考えを示しました。

静岡放送(SBS)

最終更新:5/22(火) 13:48
静岡放送(SBS)