ここから本文です

往年の名車をEV化!復活を遂げる新ワーゲンバス「I.D BUZZ」

5/22(火) 21:00配信

bouncy

1950年に米国で販売された名車「ワーゲンバス(タイプ2)」を電気自動車として蘇らせたI.D BUZZ。次世代EV「I.D.シリーズ」の第3弾として、2022年の発売が予定されている。

ヘッドライト周囲やフロントバンパーにはLEDを搭載。111kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大300マイル(約483km)の走行を実現するという。フォルクスワーゲン独自の急速充電器を使うと、30分もあればバッテリーを80%まで充電できるようだ。

最初のワーゲンバスはすべて30馬力だったが、I.D BUZZは、369馬力のモーターを前後に搭載した4輪駆動。0~100km/h加速まで5秒、最高速160km/hの性能を持っている。

完全自動運転モードに対応

また、2025年導入予定の完全自動運転モード「I.D.Pilot」に対応。クラウドから得る交通情報や搭載されたレーザースキャナー、超音波センサー、レーダーセンサー、各種カメラによって、完全自動運転が可能になるようだ。
・ ・ ・

その愛くるしいフォルムで人気となった「ワーゲンバス(タイプ2)」。最新のテクノロジーで蘇った往年の名車は、再びブームを巻き起こせるか注目だ。

Volkswagen UK

Viibar.Inc

最終更新:5/22(火) 21:00
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ