ここから本文です

高須克弥院長、顔出し会見の日大選手「高須グループがほしい人材」

5/23(水) 10:51配信

スポーツ報知

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が23日、自身のツイッターを更新。アメリカンフットボールの定期戦での悪質なタックルで、関学大のQB(クオーターバック)を負傷させ、22日に謝罪会見した日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)について「高須グループがほしい人材です」とつづった。

【写真】22日に行われた謝罪会見

 高須院長は「僕は正直者が好きです。そんなにアメフトが好きなのに辞めざるをえない宮川選手が本当に気の毒です。僕のできることなら何でもお力になろうと思います。でも何ができるでしょうか?」とツイート。フォロワーから海外留学支援を提案されると「彼が望みそれを大学が受け入れるなら全面的に支援を約束します」とつづった。

 また「顔を出して謝罪した彼を僕は高く買います。高須グループがほしい人材です」とし、「僕のスポンサーしている番組で彼の顔にモザイクかけたら失望します」と宮川選手の決意を評価。「逃げ隠れしない潔さに感銘を受けました。ご家族も賞賛したいと思います」とつづった。

 一方で「僕の仲間は日大だらけです。みんないいやつです。僕のイメージは良いです。だから日大は好きです。日大は卑怯な大学ではありません」「日大相撲部は超一流です」と訴えていた。

最終更新:5/23(水) 18:29
スポーツ報知