ここから本文です

元恵比寿マスカッツ・川村りか がん転移で放射線治療開始…4月に子宮摘出

5/23(水) 20:35配信

デイリースポーツ

 子宮頸部腺がんで4月末に子宮摘出手術を受け、今月9日にリンパ節への転移を明かした元「恵比寿マスカッツ」の川村りか(35)が、放射線治療を開始したことをブログで伝えた。

【写真】子宮全摘出の元マスカッツが号泣

 川村は22日のブログで、「今日から放射線治療の開始です」と報告。今回は造影剤を入れないため、「痛くも熱くもなんともありません」と1回目を終えた感想をつづった。放射線治療は22回~28回で毎日行うといい、「副作用は(下痢など)ありますが、続けられる!という強い気持ちになれました」とも記した。

 抗がん剤治療は23日から開始することを伝えており、「抗がん剤。。私の体に合うといいな」と祈っていた。

 川村は9日のブログで、摘出した細胞の病理検査の結果、「2A期」と診断されたことを告白。5月末から放射線治療と抗がん剤治療を同時に受けることを明かしていた。

 川村は2016年2月に第1子長男を出産している。