ここから本文です

「年をとったらクラブに頼る」メジャー最年長優勝! 谷口徹の14本

5/23(水) 11:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

1968年生まれ奈良県出身の谷口徹(たにぐち・とおる)。2002、2007年賞金王。2018年5月に行われた日本プロゴルフ選手権で6年ぶりのツアー通算20勝目を挙げ、尾崎将司の持つ大会最年長優勝記録を塗り替えた。いまなお現役で走り続ける彼を支える14本のクラブとは?

“技術を生かす”クラブ選び! 谷口徹の14本

日本プロのバックナインでは、ドライバーが大活躍!

日本プロで劇的優勝を飾った谷口徹。50歳になり、当然飛距離も落ちてきているのにツアーで戦えるのは、技術はもちろんだが、クラブの力も大きいと言う。

「日本プロ最終日のバックナイン。ドライバーをかなり振りました。振っていけるのは、クラブを信頼しているから。ドライバーで気に入っているのは打感ではなく、1回フェースに引っついてから飛ぶ感じがあり、コントロールしやすいこと。

あと、僕は球をつかまえたいので、もともとフックフェースのものは使えません。構えたときにスクェアに見える今のドライバーが好きなんです」(谷口)。

サイズ感、打感、抜けの良さ。三拍子そろったアイアン

また、以前から「アイアンが真っすぐに飛べばまた勝てる」と話していた生命線のアイアンへのこだわりはどこにあるのだろうか。

「日本プロの最終日は、アイアンの調子がよくなかったんです。でもそれはクラブのせいではありません。僕の技術の問題。アイアンは、小さいヘッドはダメ。その点、これはちょうどいいサイズ感です。あとは軟らかい打感と抜けのよさが大事。ガツンと打ち込んでもしっかりヘッドが抜けてくれるし、距離感も合いやすい。年をとったらある程度クラブに頼るようにしていますよ」。

そして谷口徹といえばパットの名手。そして、谷口が長年愛用するパターといえば、名器と名高いオデッセイの「ホワイトホット#5」。これからも、このパターで数々の名シーンを見せてくれるに違いない。

(週刊ゴルフダイジェスト6/5号より)

みんなのゴルフダイジェスト編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ