ここから本文です

次世代ハイブリットバイクglafit 「GFR-01」に乗ってみた

5/23(水) 18:00配信

bouncy

昨年5月にbouncyで紹介した自転車+電動バイクの次世代ハイブリッドバイクglafit「GFR-01」

約1年の時を経て、bouncy体験記としてご紹介する日がやってきました。

glafit「GFR-01」とは、アクセルを回して走る電動バイクとペダルを漕いで走る自転車、両方の機能を併せ持った次世代モビリティです。

渋谷にある東京オフィスにお邪魔し、試乗体験をさせていただきました。

新しい持ち運びの形

オフィスをお伺いすると、入り口にはスーツケースのような黒い塊が存在感を放っています。

これが、glafit「GFR-01」用の折り畳み式輪行ハードケース。中には電動バイクが入っているとは思えないサイズ感とオシャレなデザインに驚きます。

コンパクトに収納して持ち運ぶことができ、移動に最適かつ置き場所に困らないモビリティという強みを証明しているんですね。

glafit「GFR-01」を収納しないときは、一般的なスーツケースとしても利用でき、異なる種類の電動バイクも収納可能だそうです。

そもそも、見た目は、自転車に近いglafit「GFR-01」ですが、扱いは電動バイクのため、そのまま電車にのせることが出来ません。

そこで、ケースに収納することで、キャスターで楽に移動ができるようになり、より身近な移動手段として活躍が期待されるのだそう。

では、早速、お目当てのglafit「GFR-01」を見せていただ来ます。

鳴海氏に教えていただき、ハードケースから取り外し、組み立ててみます。折りたたまれたバイクを組み立てるのはとても簡単で、たった5分ほどで乗れる状態になりました。

なぜ電動バイクにペダルを?

さて、続いて試乗といきたいところですが、その前に大事なことを聞いておきます。

「なぜ電動バイクにペダルをつけようと思ったのか?」という、単純ですが、最も気になる疑問です。

答えはこの通り。

「車で簡単に持ち運びができ、旅先や細い道でも使える、新しい移動手段が欲しいと思った」「今後は、駐車スペースの少ない都会や、観光地での利用者をターゲットに展開していきたい」

なるほど、たしかにちょっとした移動を電動バイクて快適に移動できたらとっても便利ですよね!

1/2ページ

最終更新:5/23(水) 18:00
bouncy