ここから本文です

中高年女性は“秀樹ロス”…郷ひろみと野口五郎の現在地は

5/24(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 先週、急性心不全で亡くなった西城秀樹(享年63)。1972年に「恋する季節」でデビューし、キャッチフレーズは“ワイルドな17才”。同時期にデビューした郷ひろみ、野口五郎とともに“新ご三家”として若い女性たちの人気を独占した。

「西城、郷、野口ははっきりとキャラクターがわかれていました。ジャニーズ所属でフォーリーブスの弟分として華やかにデビューした郷、演歌でデビューして歌唱力抜群でひょうきんな野口、そして野性的で、どこか不良っぽい西城。なかでももっともインパクトが強烈だったのが西城です。ファンの中高年女性にとってはまさに“秀樹ロス”状態です」(音楽関係者)

 そこで気になるのが今の郷と野口。

 亡くなった16日は郷の通算103枚目のシングル「恋はシュミシュミ」がリリースされた。’80sディスコ風サウンドの楽曲で女性ダンサーをバックにノリノリで踊る郷のPVが流されていた。

「毎年、この時期に新曲を出すのは『紅白』の出場を視野に入れてのことですが、元気な郷の姿に西城ファンの悲しみが増したのではないか」(前出の音楽関係者)

 一方、野口はコンサートの秘蔵映像やアーティストからのメッセージ、終わったばかりのライブを配信する「テイクアウトライブカード」を発案、特許も取得している。QRコード付きのカードを購入し、スマホでダウンロードできる仕組みで昨年、ドリカムのコンサートでは1枚1500円で1万枚以上売れたとか。現役バリバリの郷、副業好調の野口。早すぎる西城の死が余計に悔やまれる。