ここから本文です

【MLB】大谷翔平、第3打席は好機で左飛 移籍後自己ワーストの10打席連続無安打

5/24(木) 9:40配信

Full-Count

第1打席で空振り三振、第2打席は四球を選んだ

 エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ブルージェイズ戦に2試合連続で「5番・DH」でスタメン出場。空振り三振、四球の後に迎えた第3打席は好機で左飛に倒れた。

【動画】もはや異次元の飛距離 大谷翔平がフリー打撃で右中間5階席へ驚愕の一撃を放つ!

 相手先発は2016年に防御率3.00をマークし最優秀防御率のタイトルを獲得した右腕のA.サンチェス。第1打席は2回無死一塁。1ボール2ストライクからの4球目の外角直球にバットは空を切った。

 3回に9番・トラビスのソロで1点を追う展開となったエンゼルス。第2打席は4回1死走者なしの場面で四球を選んだ。続くシモンズがセンターに放った大飛球をピラーがジャンピングキャッチ。大谷は抜けると判断し二塁ベースを回っていたが、快足を飛ばしなんとか一塁に帰塁した。

 0-2で迎えた5回。2死一、二塁の好機で打席に向かった大谷。2ボール2ストライクからの6球目を打ち左飛に倒れた。これで18日(同19日)レイズ戦の第2打席から移籍後自己ワーストの10打席連続ノーヒット(3四球)となった。

 前日(同23日)の同戦では3打数無安打に終わり3試合ぶりのノーヒットに終わっていた大谷。ここまでの6本塁打はすべて本拠地で放っている。敵地で勝利に導く一発が飛び出すか注目が集まる。

Full-Count編集部

最終更新:5/24(木) 10:46
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(土) 13:40