ここから本文です

スペイン人Jリーガー2人がイニエスタの早期フィットに太鼓判「日本で好まれるのは…」

5/24(木) 23:40配信

ゲキサカ

 ともにスペイン人Jリーガーであるセレッソ大阪MFオスマルとV・ファーレン長崎FWファンマが、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸加入を歓迎している。スペイン『アス』が両選手のコメントを伝えた。

 オスマルは母国スペインからタイや韓国のクラブを渡り歩き、今季からC大阪に加入。ファンマはスペイン2部ムルシアから長崎に昨季加入し、11ゴールを挙げる活躍でチームのJ1昇格に貢献した。

 どちらもイニエスタがJリーグに早く適応できると同調しているようだ。「日本ではボールを持ってプレーすることが非常に好まれ、戦術的にも力を入れている。私は彼にそれほど多くアドバイスが必要だとは思わない」とオスマルが語れば、ファンマも「とても大きな変化があるため、最初は負担がかかるだろうが、彼は“ボールの魔術師”だからすぐに順応するはずだよ」と太鼓判を押している。

 また、イニエスタと同じ関西でプレーすることになるオスマルは、神戸の街についても紹介。「散歩に出かけたり、落ち着いた生活を送るためにはとても良い街だ。オフの日には約1時間離れた大阪や京都に行って楽しむことができる」と、ピッチを離れても快適だと強調した。

 一方、ファンマも「(日本は)私にとってスペインの次に良い国」とし、「日本人はとても礼儀正しく、いつも笑顔だ。全てが素晴らしいし、イニエスタも気に入るだろう」と約束している。そして長崎FWは「彼と対戦してユニフォーム交換をしたい。なぜなら夢が実現し、忘れられない思い出になるからね」と個人的な願望も明かした。

最終更新:5/24(木) 23:46
ゲキサカ