ここから本文です

籠池被告夫婦、保釈後会見で“公開おのろけ”「お父さんと結婚できて幸せ」

5/25(金) 20:50配信

スポーツ報知

 学校法人「森友学園」の補助金詐取事件で詐欺罪などで起訴され、大阪拘置所に勾留されていた学園前理事長・籠池泰典被告(65)と妻・諄子(じゅんこ)被告(61)が25日、保釈され、大阪市内で緊急会見を行った。

 籠池被告は約報道陣150人の前で、安倍晋三首相(63)に対し「しっかり本当のことを言うべき。正々堂々、伝達、報告すべき」と話した。

 計1500万円もの保釈保証金が納付され、昨年7月に大阪地検特捜部に逮捕されて以降、約10か月にわたる勾留が解けた両被告。籠池被告は冒頭「妻はまったくの冤罪(えんざい)。大変な事やと思う」と憤り、昨年3月の国会証人喚問について「虚言はない」と、胸を張った。

 自身の詐欺罪に関しては「いまだ公判中。詳細をお話することは控えたい」と明かさなかった。一方で「私はこれから活躍をさせていただく。小学校建設をあきらめた訳ではありません。吉田松陰先生の志で進んでいきたい」と前向きな発言も飛び出した。

 会見中は妻の諄子被告が涙を流し、肩をたたいて「冤罪や」と慰めた。さらに諄子被告が「お父さんと結婚できて幸せです!」と“公開おのろけ”する場面もあった。

 弁護士が2度目の保釈請求を行い、大阪地裁は23日、両被告に保釈を認めた。大阪地検はこれを不服として準抗告したが、この日、却下された。

最終更新:5/26(土) 15:02
スポーツ報知