ここから本文です

アメフト悪質タックル問題 監督会「日大との対戦拒否」で一致

5/25(金) 21:27配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 日本大学アメリカンフットボール部の選手が起こした悪質な反則行為問題を受け、関東学生連盟所属の1部リーグの日大を除く15チームが、日大の指導体制などに改善がなければ秋のリーグ戦での対戦を拒否する方針で一致しました。

 24日に東京都内で開かれた緊急の会議には、日大から森琢ヘッドコーチが出席し、問題について「けがをさせてしまった関西学院大QBの選手とご家族、関西学院大学の皆さま、申し訳ございませんでした。宮川選手にも非常に申し訳ないと思っています」と謝罪しました。ただ、森ヘッドコーチは、問題のプレーを巡る監督やコーチからの指示については明言を避け、「言った言わないに関しては、解釈(の違い)があるかもしれないが、間違いなくあるのは、ああいうプレーを起こしてしまった選手がいたことに対しての一次的な責任はあると思う。あのようになった以上、結果責任という意味では、指導者側に管理監督責任があった」と述べました。

 一連の問題を受け、監督会は日大の指導体制などについて速やかな改善がなければ、秋のリーグ戦で日大と対戦することを拒否する構えです。関東学連1部リーグ監督会の大山茂議長は「現状のままでは試合できないのは全員の総意」と語りました。

 日大の前監督・コーチの会見を受けて危機感を持った日大選手の親たちも24日夜、緊急会合を開き、現役選手をどう守るかを話し合いました。会合後、日大アメフト部父母会の会長は「関学大アメフト部の被害者の選手、ご家族に心よりおわび申し上げたい」「宮川選手を守ってあげられなかったことを父母会として大変申し訳なく思っている」と謝罪しました。また、一連の問題を巡る日大の対応については「憤りを感じたのは、選手を守ってもらえないところ。彼が戻ってこられる環境をつくってあげたい」と語りました。会長によりますと、選手らは今後、声明を出す方針です。

 そして25日、日大の大塚吉兵衛学長が会見し、一連の問題について謝罪しました。会見で大塚学長は「謝っても謝り切れないような事態を招いてしまったことを本当におわびしたい。(宮川選手を)大学として追い込んでしまったのではないかと、責任を非常に痛感している」と謝罪の言葉を述べました。大塚学長はさらに今回の問題を受けて「学生への批判や学業の妨げにならないようお願いしたい」と配慮を求めました。

 日大は問題のプレーに至った経緯などについての再回答書を24日に関学大に提出していて、関学大は26日に会見を開いて態度を明らかにする方針です。

1/3ページ

最終更新:5/25(金) 21:45
TOKYO MX