ここから本文です

イタリアの識者が語るイニエスタの神戸移籍「驚きの展開。日本人選手の模範になる」

5/25(金) 19:42配信

GOAL

アジア移籍市場に精通するイタリア人代理人オベルト・ペトリッカ氏が24日、イタリアラジオ局『RMCスポーツ』の番組に出演し、MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸移籍について自身の見解を示した。

あの日本代表の奥さんも!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

イニエスタは今シーズン限りでバルセロナを退団することを決断。新天地にはカタール、オーストラリア、中国など複数クラブが候補に挙がっていたが24日、神戸加入が発表された。日本や中国などアジア移籍市場に詳しいペトリッカ氏は、イニエスタの神戸移籍について自身の見解を明らかにした。

「予想外の移籍だった。日本は常に財政上の規定を順守しており、長年にわたり、これほど重要な選手を日本へ連れてくることはなかった。まさに驚きの展開だった。神戸は唯一、これほどの支出が可能なクラブだと思う。ヤマハを母体とするジュビロ磐田のように、大企業が支えるクラブも他にあるが、財政に関して非常に特殊な哲学を持っている。だからこそ今回の移籍の重要性が増す。もちろん、スポンサーの力もあっただろう。それに日本は中国より、財政的に信頼できる」

またペトリッカ氏は、スペイン代表MFが今後、Jリーグにおいて模範となることで、国内の選手の成長を促すだろうと指摘している。

「神戸はクオリティや立ち振る舞い、人生そのものが模範となる選手を獲得した。日本国内の選手の成長が期待できるだろう」

最終更新:5/25(金) 19:42
GOAL