ここから本文です

メーガン妃の花嫁メイク、ポイントは「ほぼ、いつもの顔」!

5/26(土) 7:31配信

ELLE ONLINE

ロイヤルウエディングでのメーガン妃の花嫁メイクを徹底分析! 世界中が注目した一世一代の式でメーガンがセレクトしたのは、いつもとほぼ変わらない素の美しさを生かしたナチュラルメイク。すでにトレンドセッターのメーガン妃、このナチュラルさがブライダルメイクの新たなトレンドになるかも!?

【写真】キスシーンも!ヘンリー王子&メーガンが結婚式で見せたPDAモーメント14連発

結婚式でもいつもの「愛され骨格メイク」

5月19日、イギリス・ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で執り行われ、世界中が注目したロイヤルウエディング。人生最大にちがいないこの大舞台でも、メーガンは“いつも”とほぼ変わらない自然体のメイクで登場! メーガンのメイクを担当したのは、友人でもあるダニエル・マーティン。ブラウンのスモーキーアイにピンクのリップ、そして骨格チークというおなじみメイク。唯一異なる点は、目もとの上下を黒いアイラインで囲み、マスカラをたっぷり重ねて目ヂカラをアップさせたこと。ただし、あくまでファンデーションは薄付きに抑えたいつものグロウスキン。私流を貫く等身大のメーガンに、大人婚ならではの成熟を感じさせる。

パレードのときも化粧直しいらず

ウィンザーの街をパレードしたときも、式中と同じメイクをキープ。

ドレスを変えた晩餐会でも等身大

チャールズ皇太子主催による晩餐会が開かれるフロッグモア・ハウスへ出発する際のメーガンをキャッチ。いわゆる“お色直し”でも、メイクは変わらず!

いつものメイクをおさらい

昨年と今年にキャッチしたメーガン。目もとはブラウンのスモーキーアイ。ボリュームタイプのマスカラで、目尻側のまつ毛を特にボリュームアップしているのが特徴的。チークはナチュラルな血色カラーで、リップはピンク色。リップに多少カラーバリエーションがあるものの、“メーガンフェイス”はすでに完成されている!

最終更新:5/26(土) 7:31
ELLE ONLINE