ここから本文です

アイドル「虹コン」元メンバーがセクハラ被害を証言 ピクシブの永田社長を提訴

2018/5/26(土) 13:00配信

BuzzFeed Japan

フラッシュバックで大学受験断念

脱衣所での盗撮について、永田氏は裁判で一部事実と違うと主張し、詳細は明らかにされていない。

一方で、これらのセクハラ被害を訴えるAさんはまた、その後遺症についても次のようにBuzzFeed Newsに証言する。

永田氏の自宅に泊って翌8日、Aさんは地元の九州に帰る飛行機を予約していた。同日、永田氏も家族で九州旅行だった。タクシーで永田氏と妻、子とともに羽田空港に向かった。「移動中も必死に平静を装っていました」とAさん。

空港で永田家と別れた。そこで母親に電話で「嫌なことがあったから帰ったら言うね」と詳細は明かさずに連絡。乗る予定だった飛行機には乗らず、都内に戻り、虹コンの女性スタッフのもとを訪ねた。そこで泣きながら盗撮されたことを相談したという。

Aさんは翌週に大学入試センター試験を控えていた。自己採点では9割以上の点数を取れるほど、脱退してから猛勉強に励んできたが、盗撮被害に遭ったあとはショックから、一時期体重は33キロまで落ち、ペンを持つこともできなくなったという。

試験当日、会場に向かっているとき、永田氏から「がんばってねー!」とLINEが来た。フラッシュバックで気持ち悪くなり、嘔吐。動けなくなった。結局、会場に行けなくなり、試験を受けることはできなかった。

永田氏は取材拒否

BuzzFeed Newsは永田氏からも話を聞くためにオフィスを訪ね、直接取材を申し込んだが応じてもらえなかった。ピクシブ社を通じても取材を申し込んだが、「取材は控えさせていただく」との回答だった。

現在も、永田氏に書面で取材を申し込んでいる。

「#metooが応援になった」

Aさんは、性暴力について語り、連帯する「#metoo」のムーブメントに勇気をもらったと話す。

「#metooの動きをみていて、声をあげた人は強い人だと思っていたんです。私にはできないと。けれど、今回、力を貸してくれる人もたくさんいました。嫌なことは嫌と言っていいと思えました。ここまで表になったんだから、言いたいことは声を上げていこうと思います」

2/2ページ

最終更新:2018/5/26(土) 13:08
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事