ここから本文です

リヨン初優勝目指すティーム 決勝進出<男子テニス>

5/26(土) 13:58配信

tennis365.net

リヨン・オープン

男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は25日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク68位のD・ラヨビッチ(セルビア)を6-4, 5-7, 6-4のフルセットで下し、同大会初出場で決勝進出を果たした。

【 錦織ら全仏OP対戦表】

この試合、ラヨビッチに1度もブレークチャンスを与えることなく第1セットを取ったティームだったが、第2セットではブレークを許し、セットカウント1-1に追いつかれる。それでも第3セットは息を吹き返し、ファーストサービスが入った時に85パーセントの高い確率でポイントを獲得したティームは、1時間56分で決勝進出を決めた。

決勝では、世界ランク75位のG・シモン(フランス)と対戦する。シモンは準決勝で同102位のC・ノリー(英国)を7-6 (7-1), 6-4のストレートで破り、リヨン・オープン自身初の決勝進出を果たした。

今年2月のアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)で優勝を飾ったティームは、5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でR・ナダル(スペイン)らを下し、2年連続の準優勝を飾った。

ティームは今後、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に第7シードで出場。1回戦では世界ランク119位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)と対戦する。

一方、敗れたラヨビッチはリヨン・オープン自身初の出場での決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:5/26(土) 13:58
tennis365.net