ここから本文です

バブンスキがインタビューに回答、「イニエスタは日本のサッカーレベルに驚くだろう」

5/26(土) 18:13配信

SPORT.es

FCバルセロナの下部組織で10年間を過ごしたダビド・バブンスキはバルサのトップチームに到達するという夢はフィルアルの段階で打ち砕かれる事となった。
新天地を探さなければならなくなったバブンスキは最初にセルビアのレッドスターで2シーズンを過ごした。そして現在、日本の横浜F・マリノスで2シーズン目を送っている。

【動画】イニエスタが入団セレモニーで華麗なリフティングを披露

それ故、彼はこれからアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸で出会う事になる日本サッカーについて話す事ができた。
『SPORT』のスペイン人記者がバブンスキに電話でインタビューを行った。

【インタビューの内容は以下の通り。】

Q.まずお子さんの誕生おめでとうございます!

ありがとう!僕達の人生の中で最も素敵な経験の1つだったよ。僕達は可能な限り最高の方法で教育し、1人の人を世に送り出すというこの挑戦に非常にわくわくしているよ。

Q.バルサを離れて何年になりますか?

3年だね。

Q.バルサを離れるのは辛かったですか?

全然。(退団は)適切なタイミングだったと思う。僕は個人的に新たな道を開拓するというやる気に満ちていた。

Q.現在、あなたは日本にいます。(幼い頃)既にあなたは日本に住んだ経験がありますね。覚えているかどうかは分からないですが...

そうだね。あまりにも幼かったから(当時2歳)ハッキリとは覚えていない。だけど今、僕は非常に楽しんでいるよ。

Q.日本サッカーの特徴は何ですか?

日本サッカーの歴史は30年ほどだが、非常に高いレベルにあるし、毎シーズン成長を続けている。Jリーグは非常に拮抗していて、ほぼ全てのチームにタイトル獲得の可能性がある。リーグが開幕するまで誰がチャンピオンになるかは決して分からない。彼らは成り行き任せにボールを差し出す事はせず、後方からゲームを組み立てる素晴らしいサッカーをしようと試みる。リーグの組織、財政の安定性、プロフェッショナリズムは世界トップレベルにある。

Q.今回、イニエスタがやってくる事は日本でも大きなニュースになりましたか?

もちろん!ものすごい期待の高まりを生み出していて、日本の全てのサッカーファンは彼がピッチに立つ姿を見るのが待ちきれない様子だよ。

Q.リーガのような非常に競争力の高いリーグでプレーしていたアンドレス・イニエスタにとってJリーグは退屈ですか?

僕は良い意味で彼は驚くと思う。ヨーロッパでは恐らく時差の影響で試合を見るのが難しいため、日本のサッカーレベルについてあまり知られていないと思う。僕はイニエスタのおかげでこのリーグにより多くの注目が集まる事を願っているよ。

Q.イニエスタの新チーム、ヴィッセル神戸について何か教えてもらえますか?

ヴィッセル神戸は我々、マリノスに次いでボールポゼッション率が最も高いチームだ。彼らの意図はボールを支配して後方からゲームを構築する事だ。彼らは既にポドルスキを擁し、そして今回イニエスタを連れて来る。彼らが違いを作り出すだろう。

Q.日本の文化に適応する上で彼にとってハンディキャップはありますか?

最初は最も困難を伴う。多くの点においてヨーロッパで僕達が慣れている生活とは大きく異なる。だけど日本の人々を特徴付ける価値観は物事を非常に容易にしてくれる。一度、適応してしまえば、世界で最高の生活条件を提供する環境の1つに身を置いている事が分かるよ。

Q.あなたが所属する日本の歴史あるクラブの1つ、横浜F・マリノスはどうですか?

今年、監督が変わったんだ。そして、それを機に僕達は新たなプレーコンセプトを導入している。このプロセスは適応に時間を要している。残念ながらリーグ開幕前に完成させる事ができなかった。それは前半戦の良くない結果に反映されているが、恐らく僕達はリーグ最高のサッカーを展開しているよ。

Q.最後にイニエスタに何かアドバイスはありますか?

(笑いながら)サッカーに関しては彼がピッチで僕にアドバイスをくれる事を待っているよ。日本での生活に関してはここにやってくる前に相当な忍耐力を備える事、そしてこの魅力的な文化の素晴らしい点を学ぶ準備、いつもオープンマインドである事かな。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:5/26(土) 18:40
SPORT.es