ここから本文です

3バック導入へ本格練習開始…西野監督、手倉森コーチ指導のもと連携を確認/代表合宿7日目

5/27(日) 21:30配信

SOCCER KING

 日本代表は27日に千葉県内で国内合宿7日目のトレーニングを実施。この日は日曜日に加え、最後の公開練習ということもあり多くのファンが練習場に詰めかけた。

 6人1グループでのボール回しやサーキットトレーニングといった基礎トレーニングを終えると、昨日に続き戦術練習に取り掛かった。ビブスなし組は長谷部誠を3バックの中央に置いた3-4-3の布陣、ビブスあり組は中盤がボックス型の4-4-2をベースにゲーム形式の練習を実施。ピッチには西野朗監督、手倉森誠コーチ、森保一コーチも入り、プレーを止めながら選手間で対応について話し合うシーンも数多く見受けられた。出場メンバーは以下の通り。

1本目

■ビブスなし
▼DF
吉田麻也
長谷部誠
槙野智章
▼MF
酒井宏樹
山口蛍
柴崎岳
長友佑都
▼FW
原口元気
宇佐美貴史
大迫勇也

■ビブスあり
▼DF
遠藤航
昌子源
植田直通
酒井高徳
▼MF
本田圭佑
大島僚太
井手口陽介
香川真司
▼FW
浅野拓磨
武藤嘉紀

2本目

■ビブスなし
▼DF
吉田麻也
長谷部誠
昌子源
▼MF
原口元気
山口蛍
大島僚太
長友佑都
▼FW
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司

■ビブスあり
▼DF
酒井高徳
遠藤航
槙野智章
酒井宏樹
▼MF
浅野拓磨
三竿健斗
柴崎岳
宇佐美貴史
▼FW
武藤嘉紀
大迫勇也

 その後、守備陣と攻撃陣の2つのグループに分かれて練習を実施。守備陣は西野監督、手倉森コーチが先頭に立ち、3バックの本格導入に向けて熱の入った練習が行われた。右ウイングバックに原口、左ウイングバックに長友、中央は吉田、長谷部、槙野の3人が並び、相手選手がエリアに侵入してきた際の対応を確認し合った。一方、攻撃陣は森保コーチが指導。中央に縦パスを入れ、3人の選手がワンタッチでゴールへと向かう形、サイドからのクロスを合わせる形を練習した。

 乾貴士は対人プレーには入らず、ランニングなど別メニュー調整。脳しんとうからの実戦復帰を目指す中村航輔は対人プレーを除く全メニューをこなした。

 日本代表は30日にキリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦。2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む23名は翌31日に発表される予定だ。

SOCCER KING

最終更新:5/28(月) 5:38
SOCCER KING