ここから本文です

浜松市が山城の模型を公開 59年ぶりの国指定史跡

5/28(月) 12:33配信

静岡放送(SBS)

 浜松市は2018年2月に国が指定する史跡となった戦国時代の山城の精巧な模型を作成し、報道陣に公開しました。
 報道陣に公開されたのは天竜区二俣町にある二俣城跡と鳥羽山城跡の地形の模型です。浜松市としては59年ぶりに国の指定史跡となった2つの山城を市民にわかりやすく紹介し理解を深めてもらおうと作られました。
 模型は実物の約1600分の1の大きさで、山城の調査研究の際に取得した3次元データをもとに作られています。2つの城は天竜川に面した天然の地形を生かした要塞で戦国時代に徳川家康や武田信玄などが戦いを繰り広げる舞台にもなりました。この模型は5月29日から始まる浜松市地域遺産センターの企画展で公開されます。

静岡放送(SBS)

最終更新:5/28(月) 12:33
静岡放送(SBS)