ここから本文です

C・ロナウドはやはり移籍?レアル新ユニフォーム発表で姿なし…ベイルは登場

5/29(火) 18:47配信

GOAL

レアル・マドリーは29日、2018−19シーズンに使用する新ユニフォームを発表した。しかし、チームが誇るスタープレーヤーであるポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドは、モデルとなった選手の中に含まれなかった。

サッカー選手の奥さんは“美人”が多い!?美しすぎる「妻」26選

レアル・マドリーは26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝のリヴァプール戦に3−1で勝利し、前人未到の3連覇を達成していた。チームが歓喜に包まれる中、ロナウドは取材に対して「マドリーにいられたことは素晴らしかった。これから数日の間に、いつもそばにいてくれたファンに一つの返答をしたい」と発言。退団を示唆するコメントを残したことから、移籍を決断するのではないかという憶測が飛び交っていた。

しかし、後日行われた優勝祝賀会でマイクを握ったロナウドはファンに対し「ありがとう。また来シーズンに!」とコメント。感極まって涙するシーンも見られたことで、一転して残留の可能性もあると見られていた。

そんな憶測が飛び交う中、29日に公開されたユニフォーム発表でロナウドの姿はなし。新ユニフォームのモデルとして起用されたのはカリム・ベンゼマやセルヒオ・ラモスら。同じく移籍がうわさされるギャレス・ベイルは公式HPのメインビジュアルにこそ登場しなかったものの、写真ギャラリーやプロモーションビデオの中では姿が見られた。しかし、チームの顔であるロナウドの姿はなかった。

撮影はCL優勝以前に行われたと見られる。レアル・マドリーがクラブの広告塔であるロナウドを起用しないとは考えづらく、両者の間に何らかの問題があったことを示唆する事例となった。CL制覇後、ロナウドの気持ちが変わった可能性もありそうだが、波紋を広げる発表となったことは間違いなさそうだ。

GOAL

最終更新:5/29(火) 18:47
GOAL