ここから本文です

「繊維スポーツ」ほぼ完成 中能登町、新種目の練習会

5/30(水) 1:55配信

北國新聞社

 障害者らが暮らしやすい環境を整える、中能登町のチーム「障害攻略課」は町産の繊維を使った競技「繊維スポーツ」の新種目をほぼ完成させた。大きな布の上で毛玉を転がして穴に入れるゴルフのような競技となる。28日は町社会福祉センターで練習会が開かれ、町職員や住民11人がルールについて意見を交わした。

 新種目「フラワーロックでポケットイン」は3対3で行うチーム競技。両チームのゴールとして穴が2カ所設けられた縦1・6メートル、横3・3メートルの布を参加者6人で持ち、布上に置かれた毛玉を相手チームのゴールにより多く入れたチームが勝ちとなる。今後、詳細なルールを決めて完成となる。

 7月1日に町スポーツセンターろくせいで行われる「わいわい元気あそびフェスティバル」で町民にお披露目する。

北國新聞社

最終更新:5/30(水) 1:55
北國新聞社

あなたにおすすめの記事