ここから本文です

キタノコマンドール右前浅屈腱炎、全治1年以上 復帰目指し長期休養へ

5/31(木) 12:53配信

netkeiba.com

 今年の皐月賞(GI・芝2000m)で5着となり、27日に行われた日本ダービー(GI・芝2400m)にも出走したキタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)の右前浅屈腱炎が判明した。所属するDMMバヌーシーが発表した。

【写真】キタノコマンドールこれまでの軌跡

 全治は1年以上の診断で、十分に復帰の可能性があると判断され、復帰を前提として北海道のノーザンファームへ長期放牧に出る。

 キタノコマンドールは父ディープインパクト、母ベネンシアドール、その父キングカメハメハという血統。新馬戦・すみれS(OP)とデビュー2連勝を飾り、春のクラシック戦線でも注目されていた。

最終更新:5/31(木) 12:53
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ