ここから本文です

デジモン新計画が歓声から悲鳴に 元「監督」が降板、何が起きた?

5/31(木) 18:53配信

J-CASTニュース

 人気アニメ「デジモンアドベンチャー」のシリーズディレクターを務めた角銅(かくどう)博之さん(58)が、脚本監修を依頼されていた同アニメの新プロジェクトから「降板」すると宣言した。

 本人が2018年5月28日に投稿したツイートによれば、これまでのシリーズ設定とは「相容れない」プロットが採用されたため、降板を決めたという。

■「これ以上関わることはないでしょう」

 「デジモンアドベンチャー」は、1999年にフジテレビ系で放送されたアニメ。翌年には続編にあたる「02」が放送されている。監督に相当する「シリーズディレクター」は両作とも角銅さんが務めた。

 15年からはシリーズ3作目にあたる「tri.」の制作がスタート。前作の3年後を描いた劇場版アニメで、完結篇の第6章は18年5月5日に公開されたばかり。今回、角銅さんが降板を宣言した「新プロジェクト」も、4日に都内で行われた同作の上映会で発表された。

 新たなシリーズ展開の発表に、ファンの間では「楽しみすぎる」「期待してます」などと喜びの声が広がっていた。しかし、新プロジェクトで脚本の監修を務める予定だった角銅さんが28日夜、突如として同作から「降板」すると宣言したのだ。

 角銅さんはツイッターで、過去のシリーズ作品の設定を「継承」する目的で脚本監修の要請があり、17年から「作業進めてました」と報告。だが、

  「TV版の設定と相容れないと思われるプロットが提出されプロデューサー陣がそれを支持した時点で降板を表明しました」

という。

 投稿によれば、角銅さんは制作側にその後の経過を尋ねたが、上記のプロットのまま進行していた。そのため、改めて降板の思いを固めたという。続くツイートでは、「降板の表明についてはプロデューサーに了承してもらってます」とし、

  「新プロジェクトについては別の展開がない限りこれ以上関わることはないでしょうし、以後何もツイートしません」

と改めて宣言した。

1/2ページ

最終更新:5/31(木) 18:53
J-CASTニュース