ここから本文です

遠藤航「いろいろなポジションができる」と自信…3バックでの起用に活路

5/31(木) 20:59配信

GOAL

日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23名を発表。浦和レッズからはDF遠藤航とDF槙野智章が選出された。これを受け同日、浦和は両選手の記者会見を行った。

現在の心境について遠藤は「今回W杯メンバーに選ばれることができ非常に光栄に思います。浦和レッズの一員として行けることに誇りを感じているし、責任も感じています」と答えた。

W杯出場は具体的にイメージできていたのだろうか。遠藤は「初めてハリル監督(ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督)に選んでもらった時から、現実的な目標になった」と語るなど、「今回が初めてのチャンス」と感じていたようだ。

その結果として「日々のトレーニングもそうだし、毎試合、自分の良さを出せるか。そのパフォーマンスをいかに続けていくか。それを意識」するようになったと振り返った。

そして「小さい頃からの夢だったW杯に選ばれてうれしい気持ちでいますが、選ばれたからには試合に出場する覚悟をもって日々の練習からやっていきたいと思います。チームとしても厳しい戦いになるかと思いますが、一丸となって戦いたいと思います」と、出場に向けて意欲を燃やした。

具体的には、どのようにポジションを奪っていくのか。その質問に遠藤は「いろいろなポジションができること」が自分の長所だと答えた。ポリバレントは西野朗監督が求める資質の1つだが、遠藤は「器用貧乏になりやすい」と、そのデメリットを語る。それでも、西野監督が採用する3バックでは「真ん中、右でチャンスをもらえれば、自分の良さを出せる」と、自信を見せた。

ロシアW杯で対戦したい相手を聞かれて「(ポーランド代表FWロベルト)レヴァンドフスキ選手」と答えた遠藤。「(30日のガーナ代表戦でも)多くの方に声援をもらいました。いろいろな人たちの期待を背負ってやらなくてはいけない。その責任覚悟をもって向こうで頑張っていきたい」と意気込んだ。

GOAL

最終更新:5/31(木) 20:59
GOAL