ここから本文です

槙野智章、躍進の秘けつは「チームがまとまること」…ロシアW杯でサプライズ起こす

5/31(木) 22:11配信

GOAL

日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23名を発表。メンバー入りを果たした浦和レッズDF槙野智章は記者会見で、W杯に向けた展望を語った。

槙野、原口、宇佐美の奥さん知ってる?サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

対戦を楽しみにしている選手はいるか。その質問に槙野は「(ポーランド代表FWロベルト)レヴァンドフスキ選手、(セネガル代表FWサディオ)マネ選手、(コロンビア代表FWラダメル)ファルカオ選手。グループリーグ(GL)が発表されてから、時間を割いてプレーを見ている選手」と、日本代表が対戦する各国ストライカーの名前を挙げた。

また、30日のキリンチャレンジカップ2018・ガーナ代表戦後、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が「僕のサイドは地獄。でも、それだけ力のある選手とやれることにワクワクしている」と語ったことを引き合いに出し、「僕も長友選手同様、名前があって力のある選手ほど楽しみで仕方ない」と、強敵と対戦できることをポジティブに捉える。

大会2カ月前に監督交代となった。槙野は「毎回のように合宿に呼んでいただいていた」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督に感謝を述べつつ、「非常にチームの中の雰囲気をガラッと大きく変えた」と西野朗監督の手腕を評価。西野監督はコミュニケーションを大切にしていると語り、「ハリルホジッチ監督のプラス要素と、西野監督の新しいポジティブな要素」が融合した新しいチームになっていると、西野ジャパンの印象を述べた。

「現実的な目標はGL突破。先輩方が作られてきた歴史、ラウンド16を突破する。ベスト8が目標」と語る槙野は、「西野監督の下、チームがまとまることがGL突破の秘けつ」だと説明する。そして「どんな相手であろうが、どんな難しい時間帯であろうが、みんながまとまること。それが日本のチームの良さだと思っている。まとまって目標をしっかり達成できるように頑張りたい」と続けた。

「国民のみなさんに良いサプライズを起こせるように」と、槙野はW杯での躍進を誓った。

Goal

最終更新:5/31(木) 22:11
GOAL