ここから本文です

竹内結子、“親友”イモトアヤコと4年ぶり共演「ソワソワした…」

5/31(木) 19:53配信

AbemaTIMES

 女優の竹内結子(38)とお笑いタレントの劇団ひとり(41)、子役の寺田心(9)が仲良し家族を演じる「サッポロ一番」の新CMが完成した。

 同CMは暑い夏の日に、空腹で縁側に倒れこんだイモトアヤコ(32)のために竹内たち一家が「サッポロ一番」を冷やし、人気のサラダチキンをのせた「冷やしサッポロ一番サラダチキンのせ」を振る舞うという内容。

 竹内の友人役として登場したイモト。2人は2014年の舞台共演がきっかけでプライベートでも仲が良いという。竹内は「(舞台の)公演が終わって、宿に戻ってきて、そのまま2人で、よく部屋を行き来しながら、お話をしていたんですけれど。その流れが、公演が終わっても我が家に来て家飲みをするみたいな」と説明。イモトも「早4年。そんな感じでズルズル……」とコメント。竹内は「なんか、ズルズルというと腐れ縁というか、どうしようもないけれど、繋がっているみたい(笑)」と指摘するも、イモトは「違う違う。こっちはうれしくてしょうがないんですよ。良いズルズル(笑)」と話した。

 舞台での共演から約4年間、一緒に仕事をする機会がなかったという2人。久しぶりに共演した心境について、イモトは「仕事場で友達に会ったみたいな感覚がちょっと緊張するなと思っていました、昨日までは」と明かした。「ソワソワするよね。前にスタジオで、各々別の番組に出るという時にメイク前であったよね」という竹内にイモトは「すごく照れました。急にソワソワして、堅い敬語でしゃべるみたいな。『竹内さん、久しぶりです』みたいな(笑)」と答えた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/31(木) 19:53
AbemaTIMES