ここから本文です

サッカー田嶋会長、キリン、アディダスへ真っ先に謝辞 過去に「ペコペコ」を批判されたことも

6/1(金) 15:28配信

J-CASTニュース

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー発表会見で、田嶋幸三・日本サッカー協会(JFA)会長が行ったあいさつに注目が集まっている。

 田嶋会長はあいさつ冒頭、W杯出場に関して関係者に謝辞を述べたが、その「順番」をめぐって憶測が出ているのだ。

■「サッカーがマイナーだった時代から長きにわたり...」

 W杯メンバー発表会見は2018年5月31日に都内で開かれた。田嶋会長は、「日本サッカーは6大会連続6度目のW杯に出場します」と切り出すと、次のように関係者へ謝辞を述べた。

  「サッカーがマイナーだった時代から長きにわたり支えてくださったオフィシャルパートナーのキリングループをはじめ、オフィシャルサプライヤーのアディダスジャパン、サポーティングカンパニー各社の皆様方、そして全国のサッカーファミリーの皆さん、国内外のファン・サポーターの皆さん、そして選手をこれまで育ててくださった少年団から中学・高校クラブ、Jリーグ、大学といった指導者の方々、ここにいらっしゃる報道に関わるメディアの皆様方、本当に多くの方々のサポートがあって、日本サッカーはここまでくることができたと思っています。この場を借りて皆様に御礼申し上げます」

 謝辞は真っ先に、協会スポンサーのキリングループとアディダスジャパンに対して述べられており、サッカーファン・サポーターは「二の次」の形。ツイッターでは、スポンサーへの忖度ではないかなどと憶測があがることになった。

  「田嶋会長がキリン、アディダスへの感謝を述べた。サポーターへの感謝の前にである。これで協会が何を優先するのか、サポーターよりも企業であることがはっきり分かった」
  「スポンサーを最初に名前をあげたが、(金額面で言っても)サッカーファミリーが一番じゃないのか?」
  「いの一番にキリン、アディダスなどスポンサーへの感謝、でしたね。まずはこの代表混迷の中、大雨でも日産スタジアムに来てくれた64000人に向けてお礼を言うのが先だと。どこを向いてるのか、はっきりわかりましたね。あーあ」
  「これ見て本当にびっくりしたんだが田嶋幸三の第一声が『KIRIN』と『adidas』の企業名を出しての感謝の言葉から始まったのに違和感を感じた そこまで忖度するのかね?」

1/2ページ

最終更新:6/1(金) 15:28
J-CASTニュース