ここから本文です

万引再犯の高齢被告に再度の執行猶予 札幌高裁 「福祉的支援」を評価

6/1(金) 6:05配信

北海道新聞

 執行猶予中に再び万引したとして、窃盗罪に問われた札幌市西区の女(86)の控訴審判決公判が31日、札幌高裁であり、登石郁朗裁判長は実刑とした一審判決を破棄し、再び執行猶予付き判決を言い渡した。執行猶予中の再犯に対し、再度の執行猶予が付くのは珍しい。被告は軽度の認知障害で、控訴審では長男が同居を約束したほか、福祉施設関係者が中心となり支援計画書を作成。登石裁判長は「再犯防止に向けた態勢が整えられた」と判断した。

【空撮動画】期間限定「幻の湖」出現 大雪・白雲岳

 認知症や精神障害で犯罪を繰り返す被告に対し、服役でなく、福祉的サポートや治療を通じて再犯防止を目指す取り組みは「治療的司法」と呼ばれ、近年広がりつつある。被告代理人の西村武彦弁護士(札幌)は「福祉的支援の重要性について、裁判所が理解を示してくれた」と判決を評価した。

 高裁判決によると、被告は万引で執行猶予中の昨年9月、市内のスーパーでサケの切り身1パックを盗んだ。一審札幌簡裁は今年2月、懲役10カ月の判決を言い渡し、被告側が再度の執行猶予を求めて控訴していた。

 被告は過去に万引を10回以上繰り返し罰金刑などを受けたが、窃盗癖や認知症の治療や福祉的支援を受けていなかった。

北海道新聞

最終更新:6/1(金) 6:05
北海道新聞