ここから本文です

SF9、初Zeppツアー完遂!「FANTASY(ファン)がSF9の青春を輝かせてくれる」

6/2(土) 22:12配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■ニューシングル「マンマミーア!」はオリコンランキング4位獲得!人気急上昇中の9人組、SF9
9人組韓国ダンスボーイズグループ、SF9(エスエフナイン)が6月1日、東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で『SF9 Zepp Tour 2018 “MAMMA MIA!”』を開催し、初となる東名阪3ヵ所のZeppツアーを締めくくった。SF9は、5月23日に日本3rdシングル「マンマミーア!」をリリースし、ビルボードジャパンシングルランキングで3位(6月4日付)、オリコン週間シングルランキング4位(6月4日付)にランクイン。前作より1万枚以上も売り上げを伸ばしている注目のグループである。

【詳細】他の写真はこちら

客電が落ちると、レーザーの光とLEDスクリーンに映し出されたツアータイトルが動き出し、待ちわびるファンの期待を高める。ワクワクする気持ちとシンクロするようなロックのリズムに乗ってメンバーがひとりずつ登場して、高低差のあるセットを活かしたV字のフォーメーションでポーズをきめると、大きな歓声が上がる。

そして、印象的なギターリフとともにメンバーがステージ中央に集まると、日本3rdシングル「マンマミーア!」の韓国語バージョンでライブは幕開け。韓国の音楽番組で初めて1位候補になった最新ヒット曲にファンからも大きなコールが沸き起こり、スタートからいっきに盛り上がりを見せる。ノリがいいアップテンポのレトロサウンドに合わせたユーモアの感じられるダンスでは、ロウンやジュホが客席にハートポーズを送ったり、SF9らしい自由でわちゃわちゃした感じが溢れる。ただ楽しいだけでなく、パフォーマンスから9人のメンバーたちの気合いもひしひしと伝わり、最高の一体感に包まれたなか、「Be my Baby -Japanese ver.-」、「Fanfare -Japanese ver.-」まで、勢いのある曲を一気に3曲披露した。

オープニングの挨拶では、普段クールなテヤンがテンションマックスで「こんばんは~!」と言って驚かせると、「SF9の3rdシングル『マンマミーア!』が発売されました! タイトル曲『マンマミーア!』とカップリング曲『Be my Baby -Japanese ver.-』を初めて披露しましたが、皆さんいかがでしたか?」という問いに大きな歓声でファンも答える。インソンが「このライブのテーマは“青春”です」と説明していたが、1月に行われた『SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY ~The Beginning of Fantasy World~』時に比べると、メンバーたちの日本語レベルも格段にアップして、客席とのコミュニケーションもバッチリだ。

「Just On My Way -Japanese ver.-」からは、明るくポップな曲で構成、SF9のかわいらしさをフィーチャーしたセクションに。「Hide and Seek -Japanese ver.-」のラストには、ダウォンが「FATASY(ファン)とダウォン、どっちが好き?」とテヤンにきくと、「僕はチャニが好き!」と答えてファンを沸かせる。このツアーで日本初パフォーマンスされた韓国曲「Let’s Hang Out」では、ジュホがジェユンの手を握りキスをしたり、チャニがロウンをおんぶしたり、ファンサービスにあふれた楽しさ満載のステージを展開した。

■米津玄師「Lemon」からTWICEの「TT」まで。意外なカバーでもファンを魅了
今回のライブの注目点は、このツアーのために用意されたユニットステージだ。テヤンは、ジュホが作ったメロウなスロートラックに乗せて力強くもセクシーなソロダンスを見せると、チャニとヨンビンを加えた3人でキレのあるダンスパフォーマンスで客席の視線を惹きつけた。ジェユンとロウンは、ふたりで米津玄師の「Lemon」をカバー。意外なふたりの意外な選曲に、会場からも驚きの声が上がるが、エモーショナルな歌声にどんどん引き込まれる。最後は、ふたりで手を握り合い、ハグをしてステージを降りた。

会場を盛り上げたのは、ヨンビン、インソン、ジュホ、テヤン、チャニによるSMAPの「SHAKE」で、カッコいいダンスだけでなく、歌詞に合わせたコミカルな動きで楽しませてくれた。また、ジュホがこのライブのために作ったオリジナル曲「CHAMPAIGN」で3人のラッパー、ヨンビン、ジュホ、フィヨンが、それぞれタイプの違うラップスタイルを披露。ヨンビン、インソン、ジェユン、ロウン、テヤン、チャニの韓国曲「Midnight Road」では、チャニのソロダンスがファンを魅了した。

楽曲制作から、ダンス、歌、ラップ、パフォーマンスの構成にいたるまで、彼らのアーティストとしての一面がいかんなく発揮されたこのユニットステージは、テレビでのパフォーマンスだけではわからない各人の個性とスキルがじっくりと堪能でき、彼らのあらたな魅力が見いだせたのではないだろうか。

また、ガールズグループカバーのセクションでは、今年の『KCON』でも披露した少女時代の「Run Devil Run」をカッコよく歌ったあとは、TWICEの「TT」を初披露。あまりにかわいい振り付けに、メンバーたちの照れながら踊る姿も見どころだった。

「いきましょうか!」という気合いで始まった「ROAR -Japanese ver.-」からは、怒濤の追い込みに突入。アクロバティックなフォーメーションでチャニが操縦するロボットを形作る「Jungle Game -Japanese Ver.-」は、ジェユンの気迫のこもったボーカルが印象的。そして最後は、昨年末にリリースされた1stアルバムのリード曲「僕の太陽 ~O Sole Mio~」が彩った。

「青春」をテーマに展開された本ライブ。成長、悩み、いろいろな青春模様を歌で表現してきたが、「SF9の青春に欠かせないのは、FANTASY。FANTASYがSF9の青春を輝かせてくれる」と、アンコールではここまでライブを盛り上げてくれたFANTASY(ファン)のためのファンソングをプレゼント。ジュホの発案でファンから集めたキーワードを元にメンバー全員で作詞をした「Dear Fantasy」では、全員そろってジャンプをしたり、「Together -Japanese ver.-」ではサインボールをフロアに投げ入れたり、自由に楽しい雰囲気で進行。最後は9人が協力して腕で大きなハートマークをファンにプレゼントした。

「今日、100パーセント感動しました。これから未来を作っていきましょう」(ロウン)、「新しいステージを見せることができて、本当にうれしい」(ジュホ)、「Zeppツアー、最後の日。絶対に忘れられない日。ここにいる皆さんと、永遠に一緒に行きたいです」(テヤン)、「皆さんの青春の思い出に僕らがいるといいなと思います」(チャニ)、「大切な時間を僕らにくださって、ありがとうございます。もっとステキなSF9になってまた、戻ってきます」(ヨンビン)、「今日も一緒にいてくれて、愛してくれて、応援してくれて本当にありがとうございました。これからも成長するので、応援してください」(ダウォン)、「今日、本当に楽しかった。また会いましょう!」(ジェユン)、「これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」(インソン)と、それぞれがファンに感謝を伝えると、フィヨンが「僕たちの心です」と紙飛行機を客席に飛ばした。

アンコールの最後は5月23日にリリースされたばかりの日本3rdシングル「マンマミーア!」で締めくくったが、名残惜しくいつまでもステージを離れられないメンバーたちは、ダウォンが自分の頭に水をかけたのをきっかけに、水かけ合戦に発展。最後までステージを楽しんだ。

初の東名阪Zeppツアーでは、最新シングル「マンマミーア!」を筆頭に、ユニットやカバー曲、ファンのためにメンバーたちが作った「Dear Fantasy」やジュホの自作曲をはじめ、初披露曲が満載で、彼らのあらたな魅力も発見することができた。昨年6月9日に『Fanfare』で日本デビューして、まもなく1周年を迎えるSF9。わずか1年で大きな成長と可能性を感じさせてくれたライブだった。

TEXT BY 坂本ゆかり
PHOTO BY ヤマダマサヒロ

リリース情報
2018.05.23 ON SALE
SINGLE「マンマミーア!」

SF9 JAPAN OFFICIAL SITE
http://sf9-official.jp