ここから本文です

タトゥーOKな温泉、サイトで一発検索 「不幸な出会い減らしたい」

2018/6/2(土) 11:03配信

BuzzFeed Japan

タトゥーがあっても利用できる温浴施設や海水浴場などをまとめたサイト「タトゥーフレンドリー」がオープンした。雑誌「TATTOO BURST」の元編集長で、フリー編集者・ライターの川崎美穂さんが、日本に住む外国人の友人らと協力して開設した。川崎さんは「不幸な出会いを増やさないことが、利用者と施設、お互いのためになる。このサイトで交通整理ができれば」と話している。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【写真】歴史に見る、カッコよ過ぎるタトゥーの写真26枚

600箇所を掲載

サイトで紹介しているのは、日帰り温泉、銭湯、ジム、ホテル&旅館、プール、海水浴場など、約600スポット(6月2日現在)。日本語と英語の2ヶ国語に対応する。

「タトゥーをした人も利用できますか?」と電話で質問し、全面的、ないし条件付きで受け入れていると回答した施設を掲載している。

「カバーすれば利用可能」「小さなサイズのみOK」「海外観光客のみ容認」「規制なし」など、細かな条件別に検索することもできる。

不安を解消、ミスマッチ防ぐ

施設の公式ホームページや旅行サイトには、タトゥーの可否まで載っていないことが多く、愛好家の間では「利用できる施設を一括して知りたい」という需要があった。

また、外国人観光客からも「どの施設がタトゥーOKかわからない」「知らずに行って追い返された」といった相談が、川崎さんに寄せられていたという。

「タトゥーフレンドリー」の狙いは、こうした不安を解消し、利用者と施設のミスマッチや、トラブルを防ぐことにある。

入浴ルールも啓蒙

タトゥーと直接関係はないが、「浴槽に入る前に体を洗い流す」「タオルを湯船に入れない」「脱衣所に戻る前に体を拭く」といった、入浴マナーについての詳細な記事も載せている。

「施設側からは『タトゥー云々より入浴マナーを知ってほしい』という声を聞きました。タトゥー以前に社会常識やルールを守らなければ、受け入れてもらえるはずがないと思います」

「サイトに載っているから騒いでいい、見せびらかしていい、ということでは決してありません。ルールを守ってスマートに利用してほしいです」

手弁当で作業していることもあり、いまのところ掲載施設は人口の多い都市部や有名観光地などに限られている。今後はさらにエリアを広げ、中国語などほかの言語にも対応することを目指す。

1/2ページ

最終更新:2018/6/2(土) 13:18
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事